硫黄島付近における漁船からの急患輸送に係る災害派遣について(最終報)

平成19年1月19日

1.一般状況

 1月19日に硫黄島北西約315㎞において航行中の中型まき網漁船(第三常磐丸)のフィリピン人乗組員1名が右下腹部に痛みを訴え、至急医療機関への搬送が必要となったため、第4管区海上保安本部長から海自第4航空群司令(厚木)に対して、急患輸送に係る災害派遣要請があり、海上自衛隊が患者輸送を実施した。

2 自衛隊の対応状況

【19日】
1300  第4管区海上保安本部長から海自第4航空群司令(厚木)に対して、急患輸送に係る災害派遣要請
1404  海自UH-60J(硫黄島)×1機が離陸。じ後、ヘリに収容。
1300  硫黄島において海上保安庁航空機へ患者を引き渡し。撤収要請
 

 

ページの先頭へ戻る