北西太平洋において発生した地震に伴う防衛省・自衛隊の対応状況について(最終報)

平成19年1月13日

1.一般状況

 1月13日13時24分ころ、北西太平洋(北緯46.1度、東経154.2度地点)の深さ約30kmを震源とするマグニチュード8.3(速報値)の地震が発生し、気象庁は13時36分に北海道太平洋沿岸東部、オホーツク海沿岸に津波警報を発表した。

2 防衛省の対応状況

【13日】
1340  防衛省災害対策連絡室(室長:運用企画局事態対処課長)設置

3 自衛隊の対応状況

【13日】
1540  北海道知事(網走支庁長)から陸自遠軽駐屯地司令(第25普通科連隊長)に対して、物資(毛布800枚)の貸付及びその搬送に係る災害派遣要請
1640  陸自第25普通科連隊(遠軽)から車両3両、人員約10名により佐呂間町役場に向けて出発。
1840  撤収要請

ページの先頭へ戻る