長崎県長崎沖における漁船からの急患輸送に係る災害派遣について(最終報)

平成19年1月12日

1.一般状況

 本日(12日)に、長崎県長崎沖(大村の西方約55km地点)において、漁船乗員が転倒により負傷したことにより、第7管区海上保安本部長から海自第22航空群司令(大村)に対して、急患輸送に係る災害派遣要請があり、海上自衛隊が患者輸送を実施した。

2.自衛隊の対応状況

【12日】
1810  第7管区海上保安本部長から海自第22航空群司令(大村)に対して、漁船からの急患輸送に係る災害派遣要請
1830  海自SH-60J(大村)×1機が現場に向け離陸。じ後、ヘリに収容。
2022  海自大村基地において患者を引き渡し。
 撤収要請

ページの先頭へ戻る