青森県三沢沖における漁船乗員の捜索・救助に係る災害派遣について(最終報)

平成18年10月17日

1 一般状況

 青森県三沢沖において漁船同士が衝突し、乗員15名が海に投げ出され、そのうち1名が行方不明となった。第2管区海上保安本部長から災害派遣要請を受けた海上自衛隊が行方不明者の捜索を実施したが、発見に至らず撤収要請がなされた。

2 自衛隊の対応状況

【17日】
0858  第2管区海上保安本部長から海自第2航空群司令(八戸)に対して、漁船乗員の捜索・救助に係る災害派遣要請
0902  海自UH-60J×1機(八戸)が現場に向け離陸。じ後、捜索活動を開始。(僚船が乗員14名を発見・救助。)
1236  海自UH-60J×1機(八戸)が現場に向け離陸。じ後、捜索活動を開始。
1656  撤収要請

ページの先頭へ戻る