宮城県塩釜港沖合におけるタンカー乗組員の捜索に係る災害派遣について(最終報)

平成18年 8月9日

1 一般状況

 8日19時10分頃、宮城県塩釜港沖合において、錨泊中のタンカー豊正(とよまさ)丸から乗組員の男性1名(20歳)が転落し行方不明となり、第2管区海上保安本部が航空機及び巡視船により捜索活動を実施したが発見されず、第2管区海上保安本部長から災害派遣要請を受けた航空自衛隊が捜索活動を実施。行方不明となっていた男性は宮城県東松島市において警察により無事保護され、撤収要請がなされた。

2 自衛隊の対応状況

【8日】

2355 第2管区海上保安本部長から空自第4航空団司令(松島)に対して行方不明者の捜索に係る災害派遣要請

【9日】

0140  空自松島救難隊(松島)のU-125A×1機が現場に向け離陸。じ後、捜索活動を実施。
0143  空自松島救難隊(松島)のUH-60J×1機が現場に向け離陸。じ後、捜索活動を実施。
0418  捜索活動を実施した航空機(2機)が、空自松島基地に帰投。
※再び捜索活動を開始する予定であったが、天候不良により、本日の捜索活動は中止。明日は、引き続き活動する予定。
1940頃  行方不明者発見。
2010  撤収要請

ページの先頭へ戻る