大分県別府市における行方不明者の捜索に係る災害派遣について(最終報)

平成18年 7月21日

1 一般状況

 10日、大分県別府市鶴見岳に入山していた男性1名(30歳)が行方不明となり地元警察、消防等により捜索を実施。13日、大分県知事から災害派遣要請を受けた陸上自衛隊が行方不明者の捜索を実施中のところ、本日、遺体で発見された。

2 自衛隊の対応状況


【13日】

1240  大分県知事から陸自第41普通科連隊長(別府)に対して行方不明者の捜索に係る災害派遣要請
1318  陸自第41普通科連隊(別府)の人員約160名、車両約30両が現場に向け出発。じ後、捜索活動を開始。
1730  13日の活動終了。じ後帰隊。

【14日】

0730  陸自第41普通科連隊(別府)の人員約160名、車両約30両が現場に向け出発。じ後、捜索活動を開始。
1540  14日の活動終了。じ後帰隊。

【15日】

0730  陸自第41普通科連隊(別府)の人員約160名、車両約30両が現場に向け出発。じ後、捜索活動を開始。
1520  15日の活動終了。じ後帰隊。

【16日】

0730  陸自第41普通科連隊(別府)の人員約60名、車両約20両が現場に向け出発。じ後、捜索活動を開始。
1610  16日の活動終了。じ後帰隊。

【17日】

0730  陸自第41普通科連隊(別府)の人員約30名、車両約10両が現場に向け出発。じ後、捜索活動を開始。
1520  17日の活動終了。じ後帰隊。

【18日】

0730  陸自第41普通科連隊(別府)の人員約30名、車両約10両が現場に向け出発。じ後、捜索活動を開始。
1456  19日の活動終了。じ後帰隊。

【19日及び20日】

 天候不良のため活動中止。

【21日】

1300  陸自第41普通科連隊(別府)、第4後方支援連隊第3普通科直接支援隊(別府)、西部方面特科隊(湯布院)、第4対舟艇対戦車隊(玖珠)の人員約300人、車両約50両をもって捜索活動を再開。
1400頃  遺体を発見。(じ後、本人確認)
1915  撤収要請

[派遣規模(延べ):人員約900名、車両約160両]

ページの先頭へ戻る