大分県別府市における行方不明者の捜索に係る災害派遣について(21時00分現在)

平成18年 7月17日

1 一般状況

 10日、大分県別府市鶴見岳に入山していた男性1名(30歳)が行方不明となり地元警察、消防等により捜索を実施。13日、大分県知事から災害派遣要請を受けた陸上自衛隊が行方不明者の捜索を実施したが行方不明者は発見されず、14日以降も引き続き捜索活動を実施している。

2 自衛隊の対応状況

【13日】

1240  大分県知事から陸自第41普通科連隊長(別府)に対して行方不明者の捜索に係る災害派遣要請
1318  陸自第41普通科連隊(別府)の人員約150名、車両約30両が現場に向け出発。じ後、捜索活動を開始。
1730  13日の活動終了。じ後帰隊

【14日】

0730  陸自第41普通科連隊(別府)の人員約160名、車両約30両が現場に向け出発。じ後、捜索活動を開始。
1540  本日の活動終了。

【15日】

0730  陸自第41普通科連隊(別府)の人員約160名、車両約30両が現場に向け出発。じ後、捜索活動を開始。
1520  本日の活動終了。

【16日】

0730  陸自第41普通科連隊(別府)の人員約60名、車両約20両が現場に向け出発。じ後、捜索活動を開始。
1610  本日の活動終了。

【17日】

0730  陸自第41普通科連隊(別府)の人員約30名、車両約10両が現場に向け出発。じ後、捜索活動を開始。
1520  本日の活動終了。

※明日も、捜索活動を実施する予定。

ページの先頭へ戻る