陸上自衛隊イラク復興業務支援隊長及び在サマーワ外務省連絡事務所長のイラク・ムサンナー県知事との会談

平成18年6月20日

 現地時間20日午後、小瀬幹雄陸上自衛隊イラク復興業務支援隊長及び側嶋秀展在サマーワ外務省連絡事務所長は、サマーワにおいて、ハッサーニ・ムサンナー県知事に対し、我が国の陸上自衛隊の撤収決定に関する通報を行ったところ、その概要以下のとおり。

  1. 小瀬隊長及び側嶋所長より、ムサンナー県が治安権限の移譲が行われる最初の県となったことを祝した上で、我が国政府は、陸自部隊をサマーワから撤収させることを決定した旨を伝えた。また、今後とも、我が国として、大型発電所の建設や円借款による橋梁建設等を通じ、ムサンナー県への支援を継続していく方針である旨述べた。さらに、撤収に向けて、治安の確保等におけるムサンナー県側の支援を要請した。

  2. ハッサーニ知事よりは、これまでの日本の支援に対する深甚なる謝意が表明されるとともに、引き続いての支援の継続に関する期待が表明された。また、治安の確保に関しては、撤収が円滑に進むよう最大限協力していく旨述べた。

ページの先頭へ戻る