インドネシア共和国への国際緊急援助隊の派遣命令の発出について

平成18年 5月31日

 本日、防衛庁長官より「インドネシア共和国における国際緊急援助活動の実施に関する自衛隊一般命令」を陸上自衛隊中部方面総監及び航空自衛隊航空支援集団司令官等に対し発出しました。本命令の概要は以下のとおりです。

1 陸上自衛隊関係

(1) 陸上自衛隊は、インドネシア共和国において国際緊急援助活動等を行うこととし、本活動の実施に当たり、インドネシア国際緊急医療援助隊(「医療援助隊」)を編成。

(2) インドネシア国際緊急医療援助隊長は、医療援助隊をもって、次に示すところにより、国際緊急援助活動を実施。

ア 任務

医療活動

イ 実施地域

インドネシア共和国

ウ 出国、展開

準備でき次第直ちに本邦を出国し、可能な限り速やかに展開を完了

エ 本邦からの移動手段

航空自衛隊の航空機によるものとし、必要により民間の航空機によるものとする。

オ 実施期間

展開後直ちに開始し、終了については別に示す。

2 航空自衛隊関係

(1) 航空自衛隊は、陸上自衛隊の国際緊急援助隊の輸送を実施することとし、本活動の実施に当たり、インドネシア国際緊急援助空輸隊等(「空輸隊等」)を編成。

(2) 航空支援集団司令官は、空輸隊等をもって、次に示すところにより、陸上自衛隊の国際緊急援助隊の輸送を実施。

ア 任務

陸上自衛隊の国際緊急援助隊の航空輸送

イ 使用航空機及び機数(基準)

C-130H×2機
他、C-130H×1機及びU-4×1機を予備機として本邦待機

ウ 実施地域

インドネシア及び本邦とインドネシアを結ぶ経路等

ページの先頭へ戻る