秋田県沖における洋上船舶からの患者輸送に係る災害派遣について(最終報)

平成18年 5月24日

1 一般状況

 24日11時50分頃、秋田県沖で操業中のイカ釣り漁船(第15千鳥丸)の乗員(男性1名)が胸痛を訴え、第2管区海上保安本部長から災害派遣要請を受けた航空自衛隊が洋上船舶からの患者輸送を実施し、乗員(男性1名)を秋田空港へ輸送した。

2 自衛隊の対応状況

【24日】

1200

第2管区海上保安本部長から空自航空支援集団司令官(府中)に対して洋上船舶からの患者輸送に関する災害派遣要請
1214

空自秋田救難隊のUH-60J×1機(秋田)が現場へ向け離陸。
(12時41分現場到着)
1222

空自秋田救難隊のU-125A×1機(秋田)が現場へ向け離陸。
(12時38分現場到着)
1304 空自UH-60Jがイカ釣り漁船から患者を収容。じ後、秋田空港へ輸送。
1325 患者を収容した空自UH-60Jが秋田空港に着陸。
1330 第2管区海上保安本部へ患者を引き渡し。撤収要請

ページの先頭へ戻る