北海道三笠市における山林火災に係る災害派遣について(20時00分現在)

平成18年 5月18日

1 一般状況

 本日10時10分頃、北海道三笠市弥生町において山林火災が発生した。
 北海道知事(空知支庁長)から災害派遣要請を受けた陸上自衛隊のヘリコプターにより消火活動を実施、19時25分本日の活動を終了した。

2 自衛隊の対応状況

 【18日】
1408

北海道知事(空知支庁長)から陸自第11師団長(真駒内)に対して消火活動に関する災害派遣要請。
1436
陸自UH-1×1機(丘珠)が火災現場へ向け離陸。じ後、情報収集を開始。
1444

陸自UH-1×1機(丘珠・ヘリ映伝機)が火災現場へ向け離陸。じ後、官邸、内閣府等に映像を配信。
1500

陸自UH-1×2機及びOH-6×1機(丘珠)が火災現場へ向け離陸。じ後、消火活動を開始。
1756 陸自北部方面総監が空自北部航空方面隊司令官へ協力依頼
1756以降

空自CH-47×2機(三沢)が陸自丘珠駐屯地に向け離陸、19時05分陸自丘珠駐屯地に着陸。(※19日より活動予定)
1925 本日の活動終了。

ページの先頭へ戻る