日本国防衛庁と米国国防省の情報保証とコンピュータ・ネットワーク防御における協力に関する了解覚書(MOU)の締結について

平成18年 4月18日

 

1 本日、「日本国とアメリカ合衆国との間の相互防衛援助協定に基づく情報の保証及びコンピュータ・ネットワークの防衛に係る協力に関する書簡」(MDA)協定に基づく交換公文)が、麻生外務大臣とシーファー駐日米国大使との間で取り交わされました。

2 これを受け、増田防衛参事官が「情報保証とコンピュータ・ネットワーク防御における協力に関する了解覚書」(MOU)に署名しました。この後、グライムズ米国防次官補が署名した時点において本MOUは発効します。

3 日米間の防衛協力の一環として、情報セキュリティ全般における情報交換等について協議を行ってきたところであり、本MOUにおいては情報交換等の基本的な枠組等について定めています。

4 概要は以下のとおりです。

 (1)目的:日米間の情報交換等によるサイバー攻撃時への対処能力向上

 (2)枠組:防衛参事官レベルが全般方針を統括
       情報交換窓口は統幕及び米太平洋軍司令部(在日米軍経由)

 (3)第三者移転時:書面による事前同意なしに情報の第三者移転等は不可

 (4)財政義務等:新たな財政的義務、日米間における資金譲渡は発生せず

ページの先頭へ戻る