日本国防衛庁と米国国防省の弾道ミサイル防衛に関する了解覚書のもとで実施される日米レーダ共同研究のための附属書の締結について

平成18年 4月 5日

 本日、防衛庁管理局長と米海軍省次官補との間で、日米レーダ共同研究を実施するための附属書の締結を行った。この事業は、平成16年12月に防衛庁長官と米国防長官との間で締結された弾道ミサイル防衛に関する了解覚書のもとで実施される日米共同研究である。
 本共同研究は、高出力半導体素子の適用による探知距離延伸を目標としたフェーズド・アレイレーダ技術に関する研究で、海上配備型弾道ミサイル防衛用としての現有レーダシステム能力向上及び将来の艦載レーダ開発の支援に資するものである。

日米レーダ共同研究

 本共同研究は、高出力半導体素子の適用による探知距離延伸を目標としたフェーズド・アレイレーダ技術に関する研究で、海上配備型弾道ミサイル防衛用としての現有レーダシステム能力向上及び将来の艦載レーダ開発の支援に資するものである。

イメージ図イメージ図

LRU(Line Replaceable Unit):現場での交換が可能なユニット

ページの先頭へ戻る