防衛施設庁入札談合等再発防止に係る抜本的対策に関する検討会の設置について

平成18年1月31日

 防衛庁では、今般の防衛施設庁入札談合等事案を踏まえ、行政上・組織上の問題点を洗い出し、かかる事案の再発を防止し、もって防衛行政全般に対する国民の信頼を回復することを目的として、本日、「防衛施設庁入札談合等再発防止に係る抜本的対策に関する検討会」(以下「検討会」という。)を設置し、17時30分から第1庁議室において、第1回検討会を開催致します。

構 成

 ○委員長:防衛副長官

 ○副委員長:防衛政務官

 ○委員:防衛事務次官、防衛施設庁長官、統合幕僚会議議長、陸上幕僚長、海上幕僚長、航空幕僚長、長官官房長、人事教育局長、管理局長、総合取得改革担当防衛参事官、統合運用・IT等担当防衛参事官、防衛大学校長、防衛医科大学校長、防衛研究所長、技術研究本部長、契約本部長

 ○検討会に対して、人事、入札手続き等に関する抜本的な対策について必要な助言を行うため、部外の有識者数名を特別委員に任命する。(なお、現在人選中。)

 ○検討会の下に幹事会(幹事長:防衛事務次官)を置き、また、幹事会の下に総括、組織、人事、入札手続き等に関する4つのグループを設置し検討を行う。

ページの先頭へ戻る