日米防衛・外務当局間会合について

平成18年1月6日

1.11、12日、ワシントンDCにおいて日米防衛・外務当局間会合が開催される。

2. この会合には、日本側においては山内防衛庁防衛局次長、梅本外務省北米局参事官他が、米側においてはローレス国防副次官他が参加し、10月29日に開催された日米安全保障協議委員会(「2+2」)で発出された共同文書を受け、兵力態勢の再編に関する勧告についての意見交換等を行う予定である。

ページの先頭へ戻る