防衛大臣記者発表(日ASEAN防衛担当大臣会合)

※ 岩屋防衛大臣は英語により発表したため、発表事項は仮訳としております。

日時
平成30年10月20日(10:05~10:07)(日本時間)
場所
シャングリラホテル Azalea Ⅰ&Ⅱ
備考
日ASEAN防衛担当大臣会合(朝食会)

1 発表事項

 ASEANの防衛担当大臣とお会いし、実践的日ASEAN協力について意見交換を行いました。2016年に「ビエンチャン・ビジョン」を発表して以来、日ASEAN防衛協力のモメンタムが高まっておりますが、本日の会合では、そのモメンタムを維持することが重要になっているとの認識で一致しました。今後は、地域の防衛当局間のインターオペラビリティの向上を支援する方針で、より実践的な協力を推進したい旨表明いたしました。実践的な協力の具体例の一つとして、日ASEAN空軍種間の信頼醸成を目指す「プロフェッショナル・エアマンシップ・プログラム」を計画している旨発表しました。このプログラムは、ASEAN全加盟国の空軍士官の日本への招へい等を通じて、法の支配の貫徹に向けた価値の共有を進めるための事業です。また、日ASEAN防衛協力を推進する上で、我が国としてはASEAN側のニーズを大事にしており、ASEANとの協議を大事にしたいと考えている旨伝えました。改めまして、今回の会合を実現して下さったシンガポール国防大臣及びASEAN全加盟国の国防大臣に御礼申し上げます。ありがとうございました。

2 質疑応答

 なし。

以 上