防衛大臣記者会見概要

平成28年10月25日(08時47分~08時55分)

1 発表事項

 まず、私から南スーダンPKOの実施計画の変更について、先ほど、国家安全保障会議九大臣会合を経て閣議決定されました。今回の変更によって、国連南スーダン共和国ミッション、UNMISSへの自衛隊施設部隊等の派遣期間が5ヶ月間延長されました。防衛省・自衛隊としては、国際社会と協力しながら、南スーダンの平和と安定のために同国での活動を継続してまいる所存です。

2 質疑応答

Q:今回の派遣延長を決定されるに至った背景というか、治安状況等、悪化しているという報道もあります。大臣、従前から、マシャール元副大統領が国外にいたということで、組織立った戦闘、衝突は起きていないと仰っていましたが、今後も起きない可能性はないと思いますが、その辺はどのように判断されたのでしょうか。

A:まず、私自身、今月の8日に現地に入ってきました。そこで、南スーダンの政府関係者にもお会いをいたしましたし、国連のロイ特別代表にもお会いをしたところであります。そして、ロイ代表からは、ジュバ市内の状況についても、7月のような武力の衝突が今後起きる可能性は低いというようなお話しもございました。私自身も、そのジュバ市内で比較的安定をしている状況、それは市民の皆様方、子供や女性も含めて、普通の生活をされている状況を見たところです。しかしながら、一方で南スーダンの北部、また、南部の国境の付近では衝突事案も起こっておりますので、そこは緊張感をもって慎重に見極めなければならないというふうに思っております。そして、マシャール元第一副大統領は国外におられて、最近、インタビューなどにもお答えをされているところではありますけれども、しかしながら、そういった系統立った組織ではありませんし、国または国に準ずる組織、さらには支配が確立した地域があるとは考えていません。そういったことなどから、PKO5原則は維持されており、そして、自衛隊の隊員が安全を確保しながら、有意義な活動をできる状況にあるというふうに思っております。私は、ジュバに行きました際にも、南スーダンの防衛大臣が出張中でしたので、副大臣、それから、ロムロ内閣担当大臣、他5閣僚ともお会いをいたしましたけれども、大変、政府からも評価されている施設部隊の活動であったり、国連からも大変評価をされている活動をしていますし、その意義ある活動を続ける状況にあるというふうに考えています。

Q:マシャール派の報道官が、戦闘行為はまだ続いていると、政府軍が先にやっているという認識を示していて、それは、首都ジュバでも起こり得るということを電話で答えているのですけれども、大臣が御覧になって、そういったことは起こり得ないというふうにお考えでしょうか。

A:治安が悪化していることは事実ですので、将来的にいかなる事態が起きるかということについては、しっかり緊張感を持って見ていかなければならないと思っておりますが、現時点で、ジュバ市内は比較的安定をしているということ、そして、マシャール元副大統領自体は、国外にいて、そして、反主流派だったタバン・デン氏が、今、第一副大統領にも就任をしているということ、そして、今PKO5原則の紛争当事者は、スーダンと南スーダンであったわけですけれども、その後に、新たなそういった紛争当事者が出現しているという状況まで至っていないというふうに判断しています。

Q:昨日、陸幕長が午前中に視察して、統幕長、陸幕長、そして、大臣も視察が終わったわけですけれども、その後、大臣は習熟しているというような認識を示しましたが、その後、省内としてもそういう認識統一というか、それはできたのでしょうか。

A:私自身が一昨日見た状況では、スムーズに想定された状況の中で、隊員が訓練の習熟度を上げているということは確認をいたしましたが、昨日、今仰ったように、陸幕長も視察をしております。そして、先週、統幕長も視察をしているわけで、陸幕長からは本日にも報告を受けることにいたしておりますけれども、そういったことなどを総合的に判断して、訓練状況がどうであるかということは判断していきたいと思っています。

Q:派遣期間の延長と任務付与を、今回切り離したわけですけれども、改めて今後の新任務を付与するときのタイミングといいますか、時期についてはどのように考えていらっしゃるのでしょうか。

A:派遣自体については10月31日に期限がくるわけでありますので、本日、そのPKO5原則と隊員の安全確保をしながら、施設部隊としての有意義な活動ができるかという判断で派遣延長を決めたところであります。任務付与については、やはりしっかりと訓練ができていて、そして隊員の習熟度というもの、そして今後の治安状況などについて、統合的に判断をして、政府全体で決めていくということであります。

Q:今日、南スーダンの情勢について、国際的な人権団体が、7月の衝突が起きた際に、ジュバ市内で市民の殺害や女性への暴行等がある。それを政府軍が行なっていたと。国連のPKO部隊も、これを助けなかったということで批判している報告書をまとめました。大臣、防衛省としての、その7月当時のジュバの情勢についての認識を改めて伺えますか。

A:7月に武力による衝突があり、そして、それによって死者を含む被害者が多く出たということは認識をいたしております。今仰った人権団体の報告の詳細については、まだ事実確認等もしていないところでありますので、コメントは差し控えたいと思います。

以上

ページの先頭へ戻る