大臣会見概要

平成28年3月18日(08時33分~08時37分)

1 発表事項

 本日5時54分頃、北朝鮮の西岸の粛川付近から1発の弾道ミサイルを東方向に発射した模様です。発射されたミサイルは約800km飛翔しまして、日本海上に落下。着水地点につきましては、朝鮮半島の東約650kmの日本海上であると推定をされております。この発射を受けまして、直後に、私の方から一層緊張感をもって、引き続き、情報収集・警戒監視に万全を期せという指示をいたしました。先ほど、関係閣僚会議が開催をされました。総理の指示を踏まえまして、引き続き、米国・韓国等と緊密に連携をしまして、必要な情報の収集・分析、また、警戒監視に全力をあげまして、わが国の平和と安全を確保できるように万全の態勢をとって参ります。

2 質疑応答

Q:ミサイルの種類なのですけれども、アメリカや韓国からはノドンとみられる報道が出ていますが、それはどのように受け止められていますでしょうか。

A:今回、発射されたミサイルがノドンである可能性も考えられますが、いずれにせよ、所要の情報を基に総合的・専門的な分析を行う必要がありますので、現時点で確たることを申し上げることは控えさせて頂きます。

Q:先週に引き続いて、2週連続の発射になるわけですけれども、それについて受け止めをお願いいたします。

A:これは国連の決議、また、米韓の連合演習などに対する対抗措置の要素もございますけれども、こういった対応に対して示威行為に及ぶ可能性もございますので、引き続き、こういった挑発行動等が行われるかどうか注視をして参りたいと思っております。

Q:国連の安保理決議が出ている中での更なる挑発行為、これは大臣どのように捉えていますか。

A:容認できません。やはりこれは毅然として対応していくべきでありますし、国際社会が結束して、こういったミサイルの発射に対して、非難を致しておりますので、しっかりとそのことを踏まえて遵守すべきだと考えております。

Q:今回は前回に比べて射程も延ばしていますけれども、日本に対する脅威というのもあります。ノドンの可能性があれば、日本も射程に入るミサイルの発射になりますが、そのあたりの分析と受け止めをお願いします。

A:今回、約800km飛翔しておりますし、この朝鮮半島の東の650kmということで、日本海への洋上に落下しております。詳細につきましては今、分析中でありますが、今回の発射がわが国の領域、また、周辺海域に到達し得る弾道ミサイルの能力の増強に繋がるものであるとすれば、わが国安全保障上、強く懸念すべきものであると考えております。

Q:今後、平時よりも踏み込んだ迎撃態勢をとるということはありますか。

A:これまでも警戒監視、また、対象に対して万全の態勢をとって参りましたので、引き続き、対応して参りたいと考えております。

ページの先頭へ戻る