大臣臨時会見概要

平成28年3月6日(11時11分~11時19分)

1 発表事項

 なし。

2 質疑応答

Q:今回、この基地を視察した狙いと、また、この大湊、ここに基地を置くという重要性について、まずお伺いできますでしょうか。

A:防衛大臣として、各地の部隊視察をしたり、各種行事に出席をしておりましたが、今回は第24次の海賊対処行動への派遣部隊でありまして、平成21年から8年くらいになりますけれども、累次、ジブチ、アデン湾において海賊対処活動をしておりますので、その隊員の任務に対する出国の激励、また、状況把握ということで参りました。先ほど訓示もさせて頂きましたけれども、任務に対して、目を輝かせて、意欲をもった隊員に接して、誇らしく、嬉しく思います。長期間の任務でありますけれども、海上保安庁の海上保安官とともに、海洋における航行の安全、特に、民間の船舶の航行の安全を図るということで、国際社会とともに活動するということで、非常に重要な仕事でありますので、是非、頑張って、安全に帰ってきて欲しいと思っております。

Q:話が変わって恐縮なのですけれども、沖縄の辺野古の和解案についてなのですけれども、今後、大臣ご自身が沖縄側に説明をしたいとお考えはありますでしょうか。

A:今回、和解案の成立によって、国と県が円満にこの問題の解決のために協議を行うということで合意をいたしました。お互いに努力を致しまして、誠実にこの和解案の実行を通じて、問題解決をしたいと。そのためには沖縄とも協議をしていきたいと思っております。

Q:大臣ご自身が沖縄にいらっしゃって、その考え、説明なり理解を求めるというお考えはどうでしょうか。

A:これまでも、私は機会を捉えて、沖縄を訪問をいたしまして、特に基地を所在している市町村長さん、また、県知事、名護市長とも会談・協議を行いました。また、一昨日の金曜日も、知事や市長さんと話し合いをいたしましたが、今回の和解をした内容、そして、和解の中では誠実に円満解決に向って協議を行っていくということでありますので、誠意をもって話をしていきたいと思っております。

Q:移設に理解がある市町村の方もいらっしゃったと思うのですが、その方々に対して、大臣はどのようにご説明されますか。

A:これは、私も20年近く、普天間の基地の移転に関わっておりまして、特に、移設に対して、協力をし、理解をして頂いた方、また、納得をして頂いた方もございますので、そういう方々にきちんと、今回の和解の受け入れ等について、説明をいたしまして、今後、引き続き、国としては普天間基地の移設を目指していくわけでございますので、この点、御理解頂ければということで考えております。

Q:もし、訪問されるのであれば、翁長知事なり、名護市長なりには、やはり、説明をされるというお考えでしょうか。

A:そうですね。これまでも説明をしていきたいということで計画をしておりましたが、引き続き、知事さん、また、名護市長さんにはきちんと説明していきたいと思っております。

Q:関連ですけれども、それは沖縄に訪問したいという意向だと思うのですが、今月中にも行かれる御予定なのでしょうか。

A:政府としては、沖縄の方々にきちんと考え方を御理解いただきたいということで、私だけではなくて、政府全体として執り行なっております。そういうことで、防衛大臣としても、基地を抱える市長村長さんと直接、話し合いを続けてきておりますので、引き続き協議をしていきたいと考えております。

Q:今回の視察の件に戻ってしまって大変恐縮なのですけれども、アデン湾に派遣される護衛艦なのですが、帰りに東南アジア諸国、フィリピンとかベトナムを通って、共同訓練とかをこれまでされてきたと思うのですけれども、今後そういうことは続けていくと思うのですが、そういう共同訓練をする意義についてお聞かせください。

A:これまでも海賊対処の進出とか帰るときには、様々な機会を利用して、南シナ海周辺の国々と二国間・多国間の共同訓練・演習を実施してきたところでありますが、いずれの訓練も、戦技の向上を目的としたものでありまして、特に、今回も、海賊対処に必要な各隊員の動作とか、船の動かし方とか、そういうことも訓練しながらやって参るということでありまして、戦技向上が訓練の中心であります。特定の国を、また地域を念頭に置いたものではございません。他の国との共同訓練におきましては、自衛隊の戦技能力の向上を図るとともに、相手国との協力を強化をするということも目的と致しておりまして、大綱においても、こういったアジア太平洋地域における二国間・多国間の共同訓練・演習を推進しているという旨を述べておりますので、こういった共同訓練を通じて、アジア太平洋地域の平和と安定に寄与して参りたいと考えております。あと、大湊の地方隊の意義ということでお尋ねがございましたけれども、大湊地方隊は、重要な国際海峡であります津軽海峡、また宗谷海峡、こういった二海峡を含む周辺海域の警備区域を担当しておりまして、大湊には総監部以下、警備隊、また造修補給所、そして、弾薬整備補給所などの主要部隊のほか、函館、余市、稚内に部隊を置いておりまして、艦艇が5隻、曳航船等支援船が20隻保有しております。これから部隊視察を予定しておりまして、わが国の防衛のために与えられた任務を遂行している隊員を激励をしていきたいと思っております。また、このような重要な任務を果たしている部隊に対して、地元のむつ市はじめ、青森県内いろいろな地域から自衛隊に対して、御支援や、また協力等頂いておりまして、この点につきましては、心から感謝申し上げたいと思っております。

ページの先頭へ戻る