大臣会見概要

平成27年12月22日(10時59分~11時03分)

1 発表事項

 なし。

2 質疑応答

Q:一部報道で、平和安全法制に基づく駆け付け警護について、適用を来年の夏の参院選後に先送りする方針を固めたとありましたが、事実関係と現在の検討状況をお願いいたします。

A:現在、政府内において、慎重に検討作業を進めております。新たな任務を行うことになるわけでありますが、安全に配慮しながら実施する必要がありますので、拙速は避けて、周到な準備を行うことが必要不可欠であります。このため、関係国とも協議などを通じまして、情報の収集・分析に努めるとともに、十分な時間をかけて、慎重の上にも慎重を期して検討を行っております。その際、政省令や規則類などの整備にあたり、関係省庁や省内関係部局と綿密に調整をして、遺漏なきよう万全を期すことを指示をしたところであります。このため、部隊の運用構想の検討、内部規則類の検討・整備など、訓練実施のための必要な整備を行った上で、今度は訓練を実施をし、その結果をフィードバックをして、部隊の意見も反映する、部隊指揮官や隊員が迷うことなく任務が遂行できるように、能力を高めていく必要があると考えておりまして、参議院選挙を考慮して、その要否や訓練の時期を判断しているわけではないということでございます。先般、第9次要員が派遣をされたわけでございますけれども、この要員は、この法制の検討・準備などを踏まえた訓練を実施していないわけでありますので、現時点で、駆け付け警護などの業務を新たに付与するということは考えてないということでございます。

Q:駆け付け警護の訓練のことなのですが、訓練についてはこのくらいからは始めたいとか、大体のメドみたいなスケジュール感は、ざっくりでもお持ちなのでしょうか。

A:ただいま申し上げましたとおり、周到に準備をして、規則、または部隊運用基準、武器使用、こういうものを定めた上で、訓練が実施されるわけでありますので、まだ、現在はその基本となる教範とか規則、細部のことについて詰めの作業にあるということであります。

Q:それが終わってみないと、訓練がいつ始まるかは分からないし、例えば次に派遣される部隊は必ず訓練をするとか、いや、それについても未定だということも、まだ分からないということでしょうか。

A:はい、そうです。先程申し上げたとおりです。

ページの先頭へ戻る