大臣臨時会見概要

平成27年11月21日(12時18分~12時25分)(日本時間)

1 発表事項

 なし。

2 質疑応答

Q:今、ペイン国防相と昼食会ということだったのですけれども、どのような会話を。

A:ADMMプラスで、クアラルンプールから2度目になりました。今回こちらを訪問して、昨日、アデレードに行きまして、ASCの見学をしましたけれども、どうでしたかというような話がありまして、その印象を述べました。素晴らしい能力を持っているということをお伝え致しました。その後、日本の潜水艦技術の信頼性を述べさせていただき、日本の将来潜水艦についての戦略性、また特性、利点を説明致しまして、こういった取組みに対して理解を求めたということでございます。あとは、南シナ海の認識について、先だって米豪の首脳会談等がありましたので、そういった話とか、先だってのADMMプラスなどの発言等についての認識、それから、フランスのテロ事件に対する取組み方、そして、近々発表されるこちらの国防白書や米豪関係、日豪関係、こういった協力の在り方についてお話致しました。非常に、くつろいだ雰囲気の中で、趣味とか芸術の話とか、そういう話も致しまして、個人的にも非常によい信頼関係を構築することができたと思います。明日は、「2+2」会談、また、防衛相会談がございますので、さらにこういった実務的な話をして、成果を挙げたいということでございます。

Q:今、潜水艦の関係で、日本の利点といいますか、特性を申し上げたということなのですが、これに対してペインさんの方からは。

A:今日はもう、お話を聞いていただいたということで、特に反応はありませんでした。

Q:別件で恐縮なのですが、元駐在武官がロシア側に機密情報を漏洩していたと。近く警視庁の方が書類送検をする方針だということなのですが、これについては、どの程度事実関係を把握していらっしゃいますか。

A:そのような報道があったということは承知しております。現在、捜査当局が捜査が行われているということでありまして、この点については、厳正な捜査をしていただくということで、お答えは差し控えさせていただきますし、防衛省としては、捜査には全面的に協力して参りたいと考えております。

Q:仮に事実だったとすれば、いろいろな安全保障上の問題も出てくるかと思うのですが、そこら辺はいかがですか。

A:これは一般論として申し上げるわけでありますが、法律によって守秘義務を課されている者がそれを守るというのは当然のことでありまして、我々は、それに従って厳正に勤務をしているわけであります。本件につきましては、捜査当局が現在捜査中でございますので、お答えは控えさせていただきたいと思います。

Q:「2+2」について伺いたいのですが、今朝、一部報道で、日豪両国が島嶼国を支援していくということで合意する見通しだという記事が出ていたのですけれども、事実関係を。

A:これは、明日まだ、「2+2」で会談をして合意が得られるわけでありますので、そのような取りまとめをするということは、承知をしておりません。ただ、いろいろな分野において協議をするわけでありまして、お互い海洋国家でありますし、また、南シナ海のことにつきましても、自由の航海、航行の自由、それからシーレーンの安全確保、これは共に共通の重要な関心事でありまして、やはり、この開かれた自由で平和な海を守り、そして、国際社会が連携をしていくということは重要であるということは、もう既に一致したことでございます。また、アメリカとの関係も双方は密接な安全保障上の関係を結んでおりますので、こういった日米豪の共同訓練とか、能力構築支援とか、協議、そういうところは、より積極的に取組んでいくという方向には間違いはないと思っております。

Q:オーストラリアの北部ダーウィンで、港が中国の民間企業に貸し出されたということがあったのですけれども、それについてお考えはありますか。

A:これはオーストラリア政府が行うことでございまして、日本としては特に、それについて関心というか、干渉するものではないと思います。

Q:航行の自由ですとか、中国の海洋進出などを巡って豪州の国内では懸念の声もありますが、日本として米海兵隊が駐留しているダーウィンということに関して、何かお考えはございますか。

A:報道の事実を承知しておりませんので、それに関して適確なコメントというものはございません。ただ、いろいろな目的等がありまして、経済とか商用とか、そういう感じで二国間の話し合いとか契約とかは自由でありますので、それについて私の方から関与するようなコメントは特にありません。

ページの先頭へ戻る