大臣臨時会見概要

平成27年11月3日(20時09分~20時16分)(日本時間)

1 発表事項

 なし。

2 質疑応答

Q:それぞれ、ASEANもしくはインドとの会談ありましたけれども、これについて。

A:まずフィリピンです。ガズミン国防大臣とお会いするのは今年だけで3回お会いを致しました。特に、南シナ海における情勢の意見交換を行いました。今年、灯台が2基建てられたということで、この辺について意見交換を致しました。最近、フィリピンによる国際海洋法条約に基づく仲裁手続、ハーグで開始をされたわけでございますが、それについて、仲裁手続の活用をわが国は支持を致しております。そして、わが国は国際法に基づく平和的な紛争解決を目指すことは、地域における「法の支配」に立脚した国際秩序の維持、そして発展に資するという考えでございます。そして、海上の共同訓練、そしてHA/DR、災害や人道分野の支援における能力開発のキャパシティ・ビルディングも、日本とフィリピンの防衛協力・交流の発展に歓迎の意を表しつつ、今後とも積極的に協力を進めていくということで一致しました。そして、防衛装備・技術協力についても具体的な協力案件を見いだすべく、事務レベルで協議を加速するということを確認したということです。ラオスとは、2013年の8月のADMMプラス以来2年ぶりの防衛相会談となりました。私から、来年のADMMの議長となりますセンヌアン国防大臣の活躍に期待を表明、そして日本とASEANの関係の重要性を指摘して、日本としても最大限の協力をしていきたいという旨をお伝えを致しました。また、ラオスはADMMプラスの人道支援・災害救援の専門家会合で、日本とともに共同議長国を務めております。大臣の方から、引き続き議長国を務めていただきたいという要望がございました。この会合の成功に向けて、引き続き連携して、日本ラオス防衛協力・交流を発展をさせていくということで一致を致しました。もう一件、インドのパリカール大臣とは、今年2回目の会談でありまして、冒頭、マラバールへの参加、そして観艦式への参加に対して御礼申し上げました。来年はインドで観艦式がありますので、海上自衛隊が招待いただいたことに対して、謝意を表しました。また、演習にも共同訓練にも断続的にご招待いただけるようにお話しをした次第でございます。防衛技術につきましては、US-2、これはすでに政府間で協力の話を致しておるわけでございますが、今後もこういった取組みや交流によって、両国の防衛関係を強化していくということで意見を一致をしたということでございます。以上です。

Q:インドのパリカール大臣とは南シナ海の話は。

A:その話はしませんでした。

Q:パリカールさんに南シナ海に触れなったというのは、何かあるのですか。

A:それ以上に防衛交流の話があって、夕食会も迫っていましたので、US-2の話を重点的にしたということです。

Q:インドとの間で、今日、日米の間でも、これから日米印の三か国でという話だったと思うのですけれども、今日、日印のバイの中ではその話もありましたか。

A:私の方から、マラバールにおいても日米印という訓練が実施されたということで、今後とも日米印のトライアングルの関係、連携強化のために日本としても努力をしたいという話を致しました。

Q:フィリピンはどうですか。

A:フィリピンも同じく三ヶ国の協力関係ということで、技術協力や共同訓練なども積極的に実施していこうというお話をさせていただきました。

Q:具体的に共同訓練とか、見通しとかは、そういうお話はされましたでしょうか。

A:まずは三ヶ国での首脳会談や人的交流などのハイレベルの交流もそうですし、共同訓練もその一つでありますが、そういったことを通じて、三ヶ国で協力を深めていこうというお話を致しました。

Q:フィリピンとは、海上共同訓練というお話があったみたいですけれども、具体的にどういった内容の訓練をするとか。

A:具体的には、今日は、話はしておりません。

Q:US-2については、進展というのはあったのでしょうか。

A:まず去年から話がありまして、今年は防衛装備庁の職員がインドの防衛担当の部署に出向を致しまして、国防研究開発機構(DRDO)ですが、防衛装備庁の職員を派遣をしまして、このUS-2及びそれ以外の防衛装備・技術協力について、議論をしていくということです。出向と言いましたけれども、正式には防衛装備庁の職員を派遣するということでございます。

Q:フィリピンから、今回のアメリカの艦船に関して話というのは何かありましたか。

A:フィリピンからはその話はなかったです。

Q:大臣の方からその話は。

A:わが国としては、こういった国際法の観点で、米国の行動においては、国際法に則ったものでありまして、わが国としては支持をするという話は致しました。

ページの先頭へ戻る