大臣会見概要

平成27年2月6日(08時37分~08時43分)

1 発表事項

 なし。

2 質疑応答

Q:安全保障法制についてお伺いします。来週与党協議が見込まれています。この中で、後方支援について総理が、昨日、恒久法の制定に意欲を示しました。ただ、与党内には一定の歯止めを設けるべきではないかという意見もありまして、その中でどういった整理を進めていきたいと大臣としては思っていらっしゃいますでしょうか。

A:総理が国会で自衛隊を動かす際にということで、恒久法ということを言われましたが、与党の協議もございます。基本的には閣議決定に書かれたとおり、「あらゆる事態に切れ目のない対応」ということで、そういう観点で法案を検討していきたいと思っております。

Q:今日、閣僚の資産が公開されたのですけれども、御自身の資産への感想と、公開制度そのものへの御意見があればお聞かせ下さい。

A:まず、公職にある者として資産を公開するのは当然のことであります。国務大臣規範に基づきまして、正しく資産公開をいたしました。政治家としては、国民からの信頼を得るためには、資産を公開するということにおいては意義があるということだと思います。

Q:御自身への資産への感想というのは。

A:ごく一般の国民としての生活レベルであるというふうに思っております。

Q:今日、沖縄県で辺野古埋め立てに向けた埋立承認の検証委員会を発足するということになり、第1回の会合が開かれます。沖縄県側は埋め立ての瑕疵があるとみて委員会を立ち上げるのですけれども、その瑕疵について大臣としてお考えをお聞かせ下さい。

A:これについては、沖縄県がやられることでございますので、その点についての感想はございません。この手続きにおきましては、二重三重に時間をかけて丁寧に行ってまいりました。特に申請に際しましては、事前には6回沖縄県から意見が出されて、それに基づいて対応しましたし、じ後におきましても、いろいろな説明を求められましたので、3回ぐらいだったと思いますが、その都度回答もしておりますので、瑕疵があったというふうには考えておりません。

Q:瑕疵があった場合、知事は取消・撤回を求めるという考えを示しているのですけれども、取消・撤回は法的に可能かどうかというところを、大臣のお考えをお聞かせください。

A:これは法的な問題で、法律に従って手続きを進めておりますので、そういう申し出があっても、法律に従って対応していきたいと思っています。

Q:昨日、知事が防衛省に来ていましたけれども、直接お会いしてお話しするご予定というのはいかがでしょうか。

A:ちょうど国会もやっておりましたので、お会いすることができなかったわけでございます。根底においては、沖縄県と国との話し合いということでありますが、それぞれのレベルで対応していきたいと思っております。

Q:近いうちにお会いになる予定は。

A:政府全体として対応してまいりたいと思っております。

Q:昨日の予算委員会では、佐賀空港への配備についても話題になりましたけれども、その実現に向けて防衛省としてどのように取り組んでいくのでしょうか。

A:知事さんが新しく替わられましたので、県の行政サイドにも改めて説明をして、御理解をいただくようにしております。私の方からは、なぜ佐賀空港が適しているのかと。また、環境に対する対応とか、そういった点も十分に話をしていきたいと思っておりまして、地元の御理解を得ていきたいと思っております。

Q:大臣の訪問も含めて、今後、ハイレベルを現地に派遣する予定はありますか。

A:現在でも、九州防衛局を中心に説明をいたしておりますので、そういった時期があれば、知事さんにもお目にかかってお願いしたいと思っています。

Q:安全保障法制なのですけれども、「政府で全体像、骨格を国民に示せるようにしたい」とお話しがありましたけれども、これは与党協議の冒頭で政府の方から示すのか、そもそも骨格をまとめるための与党協議という位置付けなのか。そのあたりはいかがですか。

A:これは、現在与党で御議論をしていただくというようなことで進めてきておりますので、どういう形でお示しするのか、また与党の責任の方と相談いたしているところです。

Q:基本的には、与党協議を踏まえて全体像を国民に提示するという流れになるのでしょうか。

A:議論のしていただき方においては、与党とよく相談していきたいと思っております。

ページの先頭へ戻る