大臣臨時会見概要

平成27年1月25日(02時17分~02時21分)

1 発表事項

なし。

2 質疑応答

Q:湯川さんと見られる方が殺害されたという画像がインターネット上にアップされていますが、これについてどのように、大臣。

A:これが事実とすれば大変むごたらしい殺害であって、人間のやることではないと強い憤りを感じます。しかし、まだ後藤さん生きておられますので、彼の救出のために、全力で取り組みたいと思っています。

Q:今、後藤さんのお話ございましたけれども、インターネットの画像の方では、後藤さんと引換えに仲間の釈放というのを要求しているというようなコメントもありますけれども、これについては大臣としてどのように思いますか。

A:午前1時10分から関係閣僚会議がありまして、総理の方から「全力を挙げて正確な情報収集、そして集約に努めろ」と。第2は、「人命第一で、全力で取り組め」と。そして第3には、「関係国との連携を強化して、国内外の日本人の安全確保に努めよ」という指示がありました。防衛省としては、この指示に従って全力で引き続き対応してまいるということです。

Q:これまでは、いわゆる金銭の要求でした。これを仲間の釈放というふうにいわゆる要求を切り替えてきたとも見られるのですが、これについては大臣どのように思われますか。

A:現在、官邸の方でこれの対応をいたしております。防衛省としても、全面的にこれをバックアップして協力していくということです。

Q:御家族への連絡等については何かございましたでしょうか。

A:関係会議の方で、湯川さん、また後藤さんの御家族に対して、この事実を連絡をしたということです。

Q:それに対して、御家族から何かお話とかあったでしょうか。

A:席上では、非常に落ち着いておられて、「誠にありがとうございました」というお言葉があったということでした。

Q:今の「席上では」というのはどちらの御家族か分かりますか。

A:両方だと私は理解しております。

Q:それを例えば菅さんかどなたかがその席の中で紹介したという。

A:事実表明がありました。

Q:幹部会議はどういった御指示を、今の防衛省の中での幹部会でどういった御指示を。

A:「総理の指示に従って、引き続き全力で対応するように」ということで、既に大臣指示を出していますので、それに従って努力を続けてくださいという指示です。

Q:このあとなのですけども、明日以降ということになると思うのですが、ごめんなさい、もう日にち替わっていますが、このあと政府としての対応というのは決まっていますでしょうか。

A:次の指示はまだ来ておりませんが、ただいま指示をいただいたばかりでありますので、全力でそれに沿って対応しておりますし、防衛省内も各部署、それに従って行動しておりますので、次の指示が来るまではそれに対して全力を挙げるということです。

Q:関係閣僚会議等の次の日程というのは、今のところは。

A:ただいまあったばかりですので、まだ来ておりません。

Q:会議の中で御家族に御連絡されたという紹介があったということなのですけれども、御家族へ連絡されたのは誰。総理から連絡されたということですか。

A:関係者だと思います。どなたという言及はありませんでした。

ページの先頭へ戻る