作品採用者の御紹介

防衛省ロゴマークの基となった作品を応募された方は、東京都渋谷区在住のグラフィックデザイナー三浦正人さんです。
平成19年3月30日(金)に、防衛省ロゴマークの公表と併せて、三浦正人さんには、防衛大臣から感謝状が授与されています。

防衛省ロゴマークを決定(平成19年3月30日(金))

三浦正人さんのプロフィール

三浦正人(みうらまさと)

有限会社アカトラ/代表取締役・グラフィックデザイナー
昭和43年12月18日生まれ 北海道釧路市出身
JAGDA 社団法人 日本グラフィックデザイナー協会会員

数社のデザイン事務所、音楽プロダクションなどでグラフィックデザイナーとして勤務後、平成10年にフリーのグラフィックデザイナーとして独立。
その後、平成13年に法人化し「有限会社アカトラ」を設立。
現在に至る。

CDジャケットなど音楽業界のグラフィックデザインを中心に一般企業の広告やロゴマークなど幅広く活動中。趣味はミリタリー全般とオートバイ、写真など。

三浦正人さんからのコメント

この度は私がデザインさせていただいたロゴマークを防衛省初のロゴマークとして採用していただきまして誠に名誉な事で身に余る光栄でございます。

普段私はCDジャケットのデザインなど、音楽業界のグラフィックデザインを中心に活動致しておりますが、この度、防衛省のロゴマークという国家規模のデザインに携われた事は自分の中での新たな可能性を見いだせたようにも思い、非常に嬉しく思う次第でございます。

またこの度、防衛庁から防衛省に移行されたとのことで、一国民としても非常に嬉しく、心強く思う次第であります。日々、日本の防衛や国際平和協力活動に尽力されている防衛省そして自衛隊の方々に対しましては、国民の一人として心から感謝を致しております。

この度は誠にありがとうございました。

ページの先頭へ戻る