Easy Web Browsing 音声読み上げ・閲覧補助

防衛省・自衛隊の任務 さまざまな事態への対応

地震じしん水害すいがい雪害せつがいなどの自然災害さいがい が起きたとき、また大きな事故じこテロなどによる事件じけん が起きたとき、自衛隊は、その組織そしき装備そうび(乗り物・機械・用具)、能力のうりょくを生かして、救助活動、復旧ふっきゅう 活動(こわれたり、いたんだりしたものを、もとの状態じょうたいにすること)を行って、国民の命と財産ざいさん を守ります。また、日本の海や空をいつも注意して見張みは り、日本に脅威きょうい がおよばないようにしています。
パセリは言いました

自衛隊の災害派遣はけん は、「自衛隊法」という法律ほうりつしたが って行われています。

ピクルスは言いました

自然災害や大規模きぼ な事故が起きたとき、都道府県の知事が判断はんだん して、自衛隊の派遣を要請ようせい (願い求めること)します。
でも、緊急きんきゅう の場合には、要請が無くても出動することができます。

災害派遣で自衛隊はさまざまな活動を行っています

  • 災害を受けた人を助ける
  • 行方不明になった船や航空機をさが
  • 水害、雪害から人や家屋を守る
  • けがや病気の人を治療ちりょうする
  • 必要な水や食料をとどける

阪神はんしん淡路あわじ大震災で、 自衛隊がさまざまな救援きゅうえん活動を行ってから、自衛隊に対する国民の期待は、ますます高まっています。

救急患者かんじゃ輸送ゆそうなど日頃ひごろ からの活動
自衛隊では、病院の無い離島りとう などで、病気やけがをした人を航空機で運ぶ、緊急輸送(急患きゅうかん 輸送)を行っています。雨や風が強い時や、夜などは、航空機が飛ぶこともたいへんな場合が多いのですが、自衛隊をたよ りにしている住民の命を守るため、自分たちの危険きけん をかえりみず、任務にあたっています。

ページのトップへもどる