沖縄の基地負担軽減について


現在の状況

◯ 戦後71年を経てなお、沖縄には大きな基地負担を負っていただいております。

  • ※沖縄県には31の米軍専用施設が所在。
  • ※沖縄県民の約8割(121万人)の方が生活している沖縄本島中南部の人口密集地には普天間飛行場などの16の米軍専用施設が所在。注)人口については平成28年1月1日現在

基地負担軽減の取組

◯ 防衛省は、沖縄の基地負担を低減するため、抑止力を維持しながら、米軍基地の返還等に取り組んでいます。

 

ページの先頭へ戻る