2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会及びラグビーワールドカップ2019への取組

平成25年9月10日(火)、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会への防衛省・自衛隊としての取組を強化することを目的に、防衛大臣を委員長とする「防衛省・自衛隊2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会特別行動委員会(※1)」を設置しました。

平成28年3月15日、ラグビーワールドカップ2019が、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会と準備及び運営において密接な関連を有することを踏まえ、共通する施策について連携して準備を進めるため、本特別行動委員会の設置要綱を改正し、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会とラグビーワールドカップ2019に防衛省・自衛隊として一体的に取組んでいくこととしました。

(※1)委員会の構成

委員長
:防衛大臣
委員長代理
:防衛副大臣
副委員長
:防衛大臣政務官
委員
:防衛大臣補佐官、防衛大臣政策参与、事務次官、防衛審議官、官房長、
各局長、衛生監、施設監、報道官、各幕僚長、統幕総括官、情報本部長、
装備庁長官

第10回防衛省・自衛隊2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会及びラグビーワールドカップ2019特別行動委員会(平成29年9月7日)

 平成29年9月7日(木)、「防衛省・自衛隊2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会及びラグビーワールドカップ2019特別行動委員会」の第10回委員会を開催しました。

 冒頭、小野寺防衛大臣から、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向け、防衛省・自衛隊の取組状況を確認し、準備の一層の加速化をはかっていきたい旨の挨拶がありました。


委員会において挨拶をする小野寺防衛大臣

 次に、自衛隊体育学校長より、選手の育成状況の報告及び東京オリンピックでの活躍が期待される選手の紹介が行われ、小野寺防衛大臣から、プレッシャーに負けることなく、のびのびと、それぞれの立場でオリンピックを目指し、出場の際には活躍していただきたいとエールが送られました。

 その後、小野寺防衛大臣及び体育学校長と委員会に出席した8名の選手は、小野寺防衛大臣の「金メダル取るぞ!」のかけ声のもとに写真撮影を行いました。


小野寺防衛大臣及び山中体育学校と8名の選手
(左から、鴨居3尉、吉田2曹、島津3曹、山中3曹、小野寺防衛大臣、
小村3曹、葛西3曹、濱田3尉、山下3佐、山中体育学校長)

 次に、大臣官房文書課長から、防衛省・自衛隊の取組状況(①式典等大会運営への協力、②セキュリティの万全と安全・安心の確保への協力、③射撃競技会場として朝霞訓練場の使用)について報告されました。

 また、人事教育局長から、国際防衛ラグビー競技会への取組状況(①これまでの検討結果、②取り組むべき課題)について報告されました。

ページTOPへ戻る