2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会及びラグビーワールドカップ2019への取組

平成25年9月10日(火)、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会への防衛省・自衛隊としての取組を強化することを目的に、防衛大臣を委員長とする「防衛省・自衛隊2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会特別行動委員会(※1)」を設置しました。

平成28年3月15日、ラグビーワールドカップ2019が、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会と準備及び運営において密接な関連を有することを踏まえ、共通する施策について連携して準備を進めるため、本特別行動委員会の設置要綱を改正し、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会とラグビーワールドカップ2019に防衛省・自衛隊として一体的に取組んでいくこととしました。

(※1)委員会の構成

委員長
:防衛大臣
委員長代理
:防衛副大臣
副委員長
:防衛大臣政務官
委員
:防衛大臣補佐官、防衛大臣政策参与、事務次官、防衛審議官、官房長、
各局長、衛生監、施設監、報道官、各幕僚長、統幕総括官、情報本部長、
装備庁長官

第11回防衛省・自衛隊2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会及びラグビーワールドカップ2019特別行動委員会(平成30年8月7日)

 平成30年8月7日(火)、「防衛省・自衛隊2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会及びラグビーワールドカップ2019特別行動委員会」の第11回委員会を開催しました。

 冒頭、小野寺防衛大臣から、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会について、宮城県の航空自衛隊松島基地における聖火到着式の協力支援を行うなど、大会が成功するよう防衛省・自衛隊としても様々な形で協力支援を積極的に行っていきたい旨、また、来年開催されるラグビーワールドカップと同時に、各国の軍出身のチームが参加する国際防衛ラグビー競技会を防衛省が主催し、スポーツ分野での協力を通じ、各国軍との交流を進め、相互理解・信頼関係を構築し、推進させたい旨の挨拶がありました。


委員会において挨拶をする小野寺防衛大臣

 次に、自衛隊体育学校長より、インドネシアにて開催される第18回アジア大会に出場する選手の紹介が行われ、出場選手を代表して射撃競技に出場する松本1尉から、この大会はオリンピックのような雰囲気を感じることのできる唯一の大会であり、勝つことで東京オリンピックの足掛かりになるため、必ずメダルを獲得したいと抱負が述べられました。
 小野寺防衛大臣からは、選手の皆さんは日本を代表する選手であり、防衛省だけでなく、日の丸を背負って日頃の成果を発揮していただき、また、この大会は東京オリンピックにつながる大会であり、大会の雰囲気を味わい、東京オリンピックのつもりで成績を上げていただきたい。次に笑顔で会える日を楽しみにしていますとエールが送られました。

 その後、小野寺防衛大臣及び自衛隊体育学校長と委員会に出席した14名の選手は、体育学校所属選手の「勝つぞ!」のかけ声のもとに写真撮影を行いました。


小野寺防衛大臣及び谷村自衛隊体育学校長と14名の選手
(1列目左から勝木3曹、入江3尉、清水3尉、山田聡子3曹、島津3曹、岩元3曹、山田優2曹
2列目左から成松2尉、坪井2曹、松本1尉、園田2曹、小野寺防衛大臣、高尾2尉、田中2曹、近内2曹、谷村自衛隊体育学校長)

 次に、大臣官房長から、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会及びラグビーワールドカップ2019への取組状況について報告されました。

 また、人事教育局長から、国際防衛ラグビー競技会への取組状況について報告されました。



  • ■ 小野寺防衛大臣の動静
  • ■ 報道資料|お知らせ
  • ページTOPへ戻る