2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会及びラグビーワールドカップ2019への取組

平成25年9月10日(火)、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会への防衛省・自衛隊としての取組を強化することを目的に、防衛大臣を委員長とする「防衛省・自衛隊2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会特別行動委員会(※)」を設置しました。

平成28年3月15日、ラグビーワールドカップ2019が、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会と準備及び運営において密接な関連を有することを踏まえ、共通する施策について連携して準備を進めるため、本特別行動委員会の設置要綱を改正し、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会とラグビーワールドカップ2019に防衛省・自衛隊として一体的に取組んでいくこととしました。

(※)委員会の構成

委員長
:防衛大臣
委員長代理
:防衛副大臣
副委員長
:防衛大臣政務官
委員
:防衛大臣補佐官、防衛大臣政策参与、事務次官、防衛審議官、官房長、
各局長、衛生監、技術監、報道官、各幕僚長、情報本部長

第7回防衛省・自衛隊2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会及びラグビーワールドカップ2019特別行動委員会(平成28年3月17日)

平成28年3月17日(木)、「防衛省・自衛隊2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会及びラグビーワールドカップ2019特別行動委員会」の第7回委員会を開催しました。

冒頭、中谷防衛大臣から、オリンピック・パラリンピックやサッカーワールドカップと並ぶ3大国際大会の1つであるラグビーワールドカップは、世界中から大きな注目を集める大会であり、防衛省・自衛隊としても本特別行動委員会の場をもって、翌年の2020年大会とラグビーワールドカップの2つの大会の成功に一体的に取組んでいく旨の挨拶がありました。

次に、当省を訪問した杉山ラグビーワールドカップ2019組織委員会理事から、同組織委員会の取組も今後加速していくことから、防衛省・自衛隊とも密接に連携していきたい旨の挨拶がありました。

その後、大臣官房文書課長から、ラグビーワールドカップ2019に向けた取組や2020年大会と共通する取組について説明があり、今後の取組について活発な意見交換が行われました。


第7回委員会の様子


発言する中谷防衛大臣

ページTOPへ戻る