民主党政権下における防衛省改革(平成21年~平成24年)

経緯

 平成21年9月に政権交代した民主党政権においては、新たな観点で改革について議論すべきとの観点から、平成21年10月、第5回防衛省改革本部会議において、防衛省改革に関する中央組織改革については、概算要求は見送り、同改革本部については、その役割を終えることとしました。
 その後、旧自公政権下の改革案を精査し、有識者との懇談会など検討を行った上で、平成22年6月、民主党政権として取り組むべき防衛省改革の方針を示す「防衛省改革に関する防衛大臣指示」(「検討の柱」)を発出しました。
 平成22年8月には、検討の柱において示された方針に従い、防衛省における改革を統括し、及び一体的に推進するため、防衛省改革推進会議を設置しました。

開催状況

防衛省改革本部(平成21年10月13日廃止)

  開催日 開催案内 議事要旨
第5回 平成21年10月13日 開催案内 議事要旨

防衛省改革推進会議(平成25年2月21日廃止)

  開催日 開催案内 議事要旨
第1回 平成22年8月26日 開催案内
PDF形式(62KB)
議事要旨
PDF形式(95KB)

決定等

 

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Reader(無料)が必要です。Adobe Reader は、Adobeのサイト(別ウィンドウ)からダウンロードしてください。

別ウィンドウで Adobe Reader のダウンロードページへ


ページの先頭へ戻る