防衛省改革

 防衛省においては、厳しい安全保障環境の下、自衛隊をより積極的・効率的に機能させるとの観点から、防衛省の業務や組織の在り方の見直しを行い、平成26年度においては、文官と自衛官の一体感を醸成するための文官・自衛官の相互配置、対外関係業務等を総括整理する防衛審議官の新設等を実施しました。
 平成27年度においては、統合運用機能強化のため実際の部隊運用に関する業務の統合幕僚監部への一元化、拡大する防衛装備行政に効果的に対応するための防衛装備庁の新設といった組織改編を実施しました。

新着情報

過去の新着情報


PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Reader(無料)が必要です。Adobe Reader は、Adobeのサイト(別ウィンドウ)からダウンロードしてください。

別ウィンドウで Adobe Reader のダウンロードページへ


ページの先頭へ戻る