第5回 車座ふるさとトーク(秋田県秋田市)

 平成27年10月23日(金)、熊田防衛大臣政務官は、秋田県秋田市で開催した「車座ふるさとトーク」に出席し、地元の12名の方々と対話しました。

 「車座ふるさとトーク」は、安倍内閣として、大臣・副大臣・政務官が地域に赴き、地域の方々と少人数で車座の対話を行い、生の声をつぶさに聴いて政策に生かそうという取組です。今回は、「自衛隊と地域社会との信頼を深める」をテーマに、市役所や自治会、防災関係者などの皆様や、自衛官募集相談員の方など自衛隊と関わりのある方と意見交換を行いました。

 参加者からは、防災に関して、「自主防災組織の取組及び重要性」についての意見交換や「建設業者等と一緒に防災訓練をする機会があればよい」といったお話がありました。
 また、自衛隊に対しては、「色々な機会を通じてもっと交流したいので、自衛隊を知る機会を増やして欲しい」といった意見や、「自衛隊が地域に溶け込むことは、災害派遣において家を空けた自衛官の家族を守ることにもつながる」といったお話しもありました。

 熊田防衛大臣政務官は、トークにおいて「自衛官も、非番の時などに地域のボランティアなどに参加して、地域と馴染むことも大事なこと」と、自衛隊と地域との連携の重要性について述べました。

 防衛省では、今回いただいた様々な御意見も参考に今後の取組を進めていきます。


冒頭において挨拶をする
熊田防衛大臣政務官


車座ふるさとトーク全体風景


説明をする熊田防衛大臣政務官


熊田防衛大臣政務官と参加者全員による記念撮影

ページの先頭へ戻る