ネパール連邦民主共和国における地震被害に対する国際緊急援助活動

ネパール連邦民主共和国における地震被害に対する国際緊急援助活動

概要

平成27年4月25日にネパールで発生した大規模な地震を受け、防衛省は翌26日、現地に調査チームを派遣し、被害状況の調査や支援のニーズについて情報収集を行いました。

その後、27日に外務大臣から防衛大臣に対して、自衛隊の部隊による国際緊急援助活動等への協力を求めるための協議がありました。防衛省はこれを受け、本被害に関する情報収集を行った結果、自衛隊の部隊の派遣により効果的な活動を行い得ると判断して、上記協議に応じ、自衛隊の部隊による国際緊急援助活動等を実施することとしました。

同月30日、約110名からなる医療援助隊を派遣して医療活動を開始し、5月19日の活動終了までの間に、首都カトマンズを中心に延べ約2,900名の診療を行いました。また、メラムチにおける防疫活動やトリブバン大学でのメンタルヘルスに関する講義を実施しました。

関連リンクカメラアイコンの付いたリンク先には、活動状況の写真を掲載しています)

お知らせ

ネパール連邦民主共和国における地震被害に対する国際緊急援助活動(1)

ネパール連邦民主共和国における地震被害に対する国際緊急援助活動(2)

ネパール連邦民主共和国における地震被害に対する国際緊急援助活動(3)

ネパール連邦民主共和国における地震被害に対する国際緊急援助活動(4)

ネパール連邦民主共和国における地震被害に対する国際緊急援助活動(5)

ネパール連邦民主共和国における地震被害に対する国際緊急援助活動(6)

ネパール連邦民主共和国における地震被害に対する国際緊急援助活動(7)

ネパール連邦民主共和国における地震被害に対する国際緊急援助活動(8)

ネパール連邦民主共和国における地震被害に対する国際緊急援助活動(9)

ネパール連邦民主共和国における地震被害に対する国際緊急援助活動(10)

ネパール連邦民主共和国における地震被害に対する国際緊急援助活動(11)

ネパール連邦民主共和国における地震被害に対する国際緊急援助活動(12)

 

ページの先頭へ戻る