マレーシア航空機消息不明事案に対する国際緊急援助活動

マレーシア航空機消息不明事案に対する国際緊急援助活動

概要

2014(平成26)年3月8日未明、クアラルンプール発北京行きのマレーシア航空機370便が消息を絶ちました。3月10日にマレーシア政府から支援要請があったことを踏まえ、外務大臣との協議に基づき、同年3月11日、防衛大臣は自衛隊による、国際緊急援助活動を実施することを決定しました。

防衛省・自衛隊は、最大で人員約90名、 海自のP-3C哨戒機2機および 空自のC-130H輸送機2機をマレーシアに派遣し、捜索救助活動を実施しました。その後、マレーシア政府およびオーストラリア政府の要請を受け、P-3C哨戒機2機をオーストラリア西部へ移動させて捜索救助活動を実施しました。

活動の間、P-3C哨戒機は、ACSAに基づいてオーストラリアから燃料や航空機部品の提供を受けました。

同年4月28日、アボット豪首相が海上捜索から海底捜索の段階に移行すると発表したことから、マレーシア政府およびオーストラリア政府との協議を踏まえ、防衛大臣は同活動の終結に関する命令を発出し、1か月以上にわたる捜索救助活動を終了しました。

本活動において、自衛隊は、P-3C哨戒機やC-130H輸送機などのべ6機、派遣隊員約130名が活動に従事し、計46回、約400時間の捜索を行いました。

関連リンクカメラアイコンの付いたリンク先には、活動状況の写真を掲載しています)

お知らせ

マレーシア国際緊急援助活動

マレーシア国際緊急援助活動

マレーシア国際緊急援助活動

マレーシア国際緊急援助活動

マレーシア国際緊急援助活動

マレーシア国際緊急援助活動

マレーシア国際緊急援助活動

マレーシア国際緊急援助活動

 

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Reader(無料)が必要です。Adobe Reader は、Adobeのサイト(別ウィンドウ)からダウンロードしてください。

別ウィンドウで Adobe Reader のダウンロードページへ


ページの先頭へ戻る