各種の特別措置法などに基づく活動

これまでの活動及び現在活動中の地域等を示した世界地図。詳細はページ内で説明。

これまでの活動

補給支援特措法に基づく補給支援活動

海上自衛隊

派遣期間

 平成20年1月~平成22年1月

派遣海上支援部隊

派遣地
インド洋北部等
延べ人数
約2400人
主な業務内容
各国軍艦船への補給
主要装備
補給艦、護衛艦

執行額

 約105億円

イラク人道復興支援特措法に基づく活動

陸上自衛隊

イラク復興支援群
(1~10次)
業務支援隊
(1~5次)

派遣期間
平成16年1月~平成18年7月
派遣地
イラク南東部
延べ人数
約5,500人
主な業務内容
医療、給水、公共施設の復旧・整備
 

後送業務隊

派遣期間
平成18年6月~同年9月
派遣地
クウェート等
延べ人数
約100人
主な業務内容
物品の後送に必要な作業

主要装備

 装輪装甲車、軽装甲機動車、ドーザ、けん銃、小銃、機関銃、無反動砲、個人携帯対戦車弾等

執行額

 約737億円

海上自衛隊

海上輸送部隊

派遣期間
平成16年2月~同年4月
派遣地
ペルシャ湾等
延べ人数
約330人
主な業務内容
陸自の現地での活動に必要な車両等の海上輸送

主要装備

 輸送艦、護衛艦

執行額

 約5億円

航空自衛隊

イラク復興支援派遣輸送航空隊
(第1期~第16期)

派遣期間
平成15年12月~平成20年12月
派遣地
クウェート等
延べ人数
約3,500人
主な業務内容
人道復興関連物資等の輸送
主要装備
C-130H、けん銃、小銃、機関銃等

イラク復興支援派遣撤収業務隊

派遣期間
平成20年12月~平成21年2月
派遣地
クウェート等
延べ人数
約130人※
主な業務内容
空自部隊の撤収に必要な作業
主要装備
けん銃、小銃

執行額

 約226億円

※うち約60人は、イラク復興支援派遣輸送航空隊第16期要員からの振り替えである。

旧テロ対策特措法に基づく協力支援活動等

海上自衛隊

派遣期間

 平成13年11月~平成19年11月

派遣海上支援部隊

派遣地
インド洋北部等
延べ人数
約10,900人
主な業務内容
  • 各国軍艦船への補給等
  • 被災民救援活動
主要装備
補給艦、護衛艦等

執行額

 約590億円

航空自衛隊

派遣期間

 平成13年11月~平成19年11月

空輸部隊

派遣地
在日米軍基地等
延べ人数
約2,900人
主な業務内容
物品の輸送
主要装備
C-130H、けん銃等

執行額

 約23億円

ページの先頭へ戻る