17. 2.25
防   衛   庁

お知らせ

       

インドネシア共和国における国際緊急援助活動について

    

 

 平成16年12月26日に発生したスマトラ沖大規模地震及びインド洋津波被害に対しては、防衛庁は、まず、同月28日から本年1月1日までの関、タイ王国及びその周辺海域に海上自衛隊艦艇3隻を派遣し、被災者の捜索及び救助活動を実施しました。

 その後、インドネシア共和国の要請により、同年1月6日、航空自衛隊の部隊を派遣して以降、同国において、陸上、海上及び航空の各自衛隊の派遣部隊により、航空・海上輸送、医療及び防疫の国際緊急援助活動を行っているところですが、本日、「国防会議」を開催し、現地情勢等に照らして、3月上旬に本国際緊急援助活動を終了し得ることを確認したことから、3月10日、主力となる部隊を同国から撤収させるとともに、一部の要員は自衛隊の行っていた活動のインドネシア政府等への引き継ぎ業務等のために、同月16日まで活動することを決定しました。

ページの先頭へ戻る