17.1.7
防 衛 庁

お知らせ

インドネシア共和国への国際緊急援助隊(医療・航空援助隊及び海上派遣部隊)の派遣について

 

 本日、防衛庁長官から「インドネシア国際緊急援助医療・航空援助隊の派遣に関する陸上自衛隊一般命令」及び「インドネシア国際緊急援助海上派遣部隊の派遣に関する海上自衛隊一般命令」並びに「インドネシア共和国における国際緊急援助活動等の実施に係る統合調整に関する長官指示」を発出しました。本命令及び指示の概要は以下のとおりです。
陸上自衛隊
(1)  陸上自衛隊は、インドネシア共和国等において国際緊急援助活動等を実施することとし、本活動の実施に当たり、インドネシア国際緊急援助医療・航空援助隊(「医療・航空援助隊」)を編成。(約220名)
(2)  医療・航空援助隊長は、医療・航空援助隊をもって、次に示す国際緊急援助活動等を実施。
任務
援助物資等の航空輸送及び医療・防疫活動
実施地域
インドネシア共和国、タイ王国等
実施期間
展開後、国際緊急援助活動を開始、終了については別に示す。
海上自衛隊
(1)  海上自衛隊は、インドネシア共和国等において国際緊急援助活動等を実施することとし、本活動の実施に当たり、インドネシア国際緊急援助海上派遣部隊(「海上派遣部隊」(「くらま」、「くにさき」及び「ときわ」))を編成。(約640名)
(2)  自衛艦隊司令官は、海上派遣部隊をもって、次に示す国際緊急援助活動等を実施。
任務
陸上自衛隊の国際緊急援助隊の海上輸送
陸上自衛隊の国際緊急援助隊の活動への支援
実施地域
インドネシア共和国及び同国周辺海域(所要の寄港地及び本邦からの往復経路を含む。)
実施期間
国際緊急援助活動等を直ちに開始し、終了については別に示す。
統合幕僚会議
 統合幕僚会議が、派遣された陸・海・空3自衛隊の活動に関して、効果的かつ効率的に任務を遂行できるように、統合調整を実施する体制の確立。
   
※ 総計約1,000人規模

ページの先頭へ戻る