イラク復興のために~イラク人道復興支援活動~

イラクの大空にかかる、復興支援の橋

我が国の代表として国連・多国籍軍の輸送支援をおこないました。

■航空自衛隊派遣部隊の活動

航空自衛隊は、クウェートを拠点にイラク国内の飛行場へ国連・多国籍軍の人員・物資を輸送し、イラクの復興に協力しました。

イラク国内の地図

航空自衛隊は、日本からの人道復興支援関連の物資、国連や関係国の物資・人員などを輸送しました。(16.3.3~20.12.12の間計821回、輸送物資重量計約673トンの輸送を実施)

これらイラクの復興に取り組んでいる航空自衛隊の活動を可能な限り紹介するため、ホームページで輸送回数・輸送物資の重量などの情報を掲載しています。
(航空自衛隊ホームページURL:https://www.mod.go.jp/asdf/

Q 航空自衛隊の支援はどのように役に立っていたのですか?

A 国連や多くの国がイラクの復興支援活動に取り組んでおり、物資や人員の輸送による自衛隊の空輸支援は国際社会による支援のいわば「血液」として、重要な役割を担っていました。

 

第11期イラク派遣輸送航空隊 樋口美登里 1等空尉

第11期イラク派遣輸送航空隊  樋口美登里 1等空尉

私は今、副操縦士として勤務していますが、管制官とのやりとりで、現地のなまりが独特の言い回しがあるので、多少苦労しています。初めてのフライトでは、イラクとクウェートの国境が見えることに驚きました。

 


空自による輸送支援

空自による輸送支援

国連の活動(国連イラクミッション(UNMIN))

安保理決議第1546号に基づき、バグダッド、エルビル等で政治支援、人道・復興・開発支援などの活動を実施

多国籍軍の活動

治安維持のほか、PRT(地域復興チーム)を展開して、地方政府の能力向上等の活動を実施

Q どのように安全を確保していたのですか?

A 日々の安全に関する情報を踏まえ、ミサイルなどの射程外を飛行していました。
また、射程内に入る離着陸では、急上昇・急降下などにより通常より狭い範囲で飛行しました。
さらに、輸送機には広い視界を確保するバブル・ウィンドウやミサイルに対応するフレアなどを装備し、安全確保に万全を期すよう努力していました。

バブル・ウィンドウフレア

イラクの笑顔を、共に創る、共に守る

約2年半の間イラク・サマーワの地で顔の見える支援をおこないました。

■陸上自衛隊派遣部隊の活動結果

陸上自衛隊は、イラク・サマーワの地で、医療、給水、公共施設の復旧・整備などの復興活動に取り組み、ムサンナー県が自ら復興するための基盤を整備しました。

医療支援活動

  • 4病院において診療・医療技術の指導
  • 地域診療所(PHC)29箇所の整備 など

  • サマーワ母子病院における新生児死亡率が1/3に低下
  • 県民全員の基本的な医療サービスの利用が可能に

救命救急処置の指導母子病院における技術指導

公共施設の復旧・整備

陸上自衛隊とODAにより

  • 約3分の1の学校(陸上自衛隊約40校、ODA約70校)整備
  • 県内の生活道路約130Kmを整備(陸上自衛隊約90Km)

  • 教育環境が大きく改善
  • 生活道路の交通遮断や渋滞の解消

修復前修復後

行政機関の能力向上

県行政当局と各種調整を実施した結果

  • 行政当局自らニーズを発掘し、事業を企画立案
  • ムサンナー県建設開発委員会が設立

  • ムサンナー県行政当局の能力向上
第10次イラク復興支援群長 山中敏弘 1等陸佐

第10次イラク復興支援群長 山中敏弘 1等陸佐

イラクの子どもたちは非常に生き生きとし、目が輝いていてとてもかわいかったです。手を振って「ヤバニー シュクラン(日本人ありがとう)」といってくれたのが非常に印象に残っています。私たちの活動はこの子どもたちのために役立ったのではないかと思います。

陸上自衛隊の活動地域及び自衛隊活動とイラク復興の軌跡

給水活動

  • 平成17年2月まで給水活動(約1189万人分)
  • 浄水場の整備 など

  • 安定した清潔な水の供給が可能に
浄水セットによる浄水現地給水車への給水整備されたルメイサ浄水場

イラク復興のために

イラクの写真イラクの写真

イラクの写真イラクの写真

マーリキー首相

平成18年6月 マーリキー首相(小泉総理との電話会談)

「イラク政府を代表して自衛隊の活動、日本のイラク全体に対する支援に深甚なる謝意を表明する。自衛隊の活動は、イラク国民に日本について良いイメージを与えるものであった。」


アナン事務総長

平成18年8月 アナン事務総長の書簡(抜粋)(C)UN Photo / E.Debebe 写真提供 国連広報センター

「日本の支援は、国連イラク支援ミッションの活動地域における機動性を向上させるものであり、特に新たに開設されたエルビル地域事務所を支援するものです。私は、イラクにおける国連の活動に対する日本の継続的な支援に期待しています。」


現地住民アンケート

現地住民アンケート結果のグラフ

ページの先頭へ戻る