インドネシア国際緊急援助活動(地震・津波)

概要

 インドネシア共和国、スラウェシ島における地震及び津波被害に関し、外務大臣から国際緊急援助活動の実施について協議がありました。防衛省としては、これを受けて国際緊急援助活動を行うため、インドネシア国際緊急援助隊を編成し、輸送活動を実施することとしました。
 今般の活動においては、C-130H輸送機1機がバリクパパンを拠点として、バリクパパンとパルの間で約200トンの支援物資及び約400人の被災民等の輸送を実施しました。

お知らせ

活動状況写真

人物、物資輸送活動、被災民の救援、現地調整の写真