西アフリカ・エボラ出血熱に対する国際緊急援助活動に必要な物資輸送

西アフリカ・エボラ出血熱に対する国際緊急援助活動に必要な物資輸送

概要

国際連合エボラ緊急対応ミッション(UNMEER)からエボラ出血熱の感染拡大への対応に使用する個人防護具の提供等につき要請があったことを受け、2014年(平成26年)11月28日、外務大臣から防衛大臣に対し、自衛隊の部隊による本邦からガーナ共和国までの輸送を求めるための正式の協議がありました。

これを受け、防衛省は、自衛隊の部隊の派遣により効果的な活動を行い得ると判断して、上記協議に応じ、西アフリカ国際緊急援助空輸隊を編成して、輸送活動を実施することとしました。また、防衛大臣の下にガーナ現地調整所を設置し、国際緊急援助活動に従事する外務省、国際協力機構(JICA)、UNMEERおよびその他関係機関との調整等を実施することとしました。

12月6日、個人防護具20,000セットを搭載したKC-767が小牧基地を出発し、8日朝、ガーナ共和国アクラのコトカ国際空港に到着しました。これに合わせて、コトカ国際空港において、UNMEERのバンベリー代表、ガーナ共和国駐箚シエラレオネ共和国大使、同ギニア共和国大使の臨席の下、個人防護具の引き渡し式典を実施しました。

KC-767は予定通り輸送活動を終え、11日に本邦へ帰国しています。

関連リンクカメラアイコンの付いたリンク先には、活動状況の写真を掲載しています)

お知らせ

西アフリカ・エボラ出血熱に対する国際緊急援助活動

西アフリカ・エボラ出血熱に対する国際緊急援助活動

西アフリカ・エボラ出血熱に対する国際緊急援助活動

西アフリカ・エボラ出血熱に対する国際緊急援助活動

西アフリカ・エボラ出血熱に対する国際緊急援助活動

西アフリカ・エボラ出血熱に対する国際緊急援助活動

西アフリカ・エボラ出血熱に対する国際緊急援助活動

西アフリカ・エボラ出血熱に対する国際緊急援助活動

西アフリカ・エボラ出血熱に対する国際緊急援助活動

西アフリカ・エボラ出血熱に対する国際緊急援助活動

西アフリカ・エボラ出血熱に対する国際緊急援助活動

西アフリカ・エボラ出血熱に対する国際緊急援助活動

西アフリカ・エボラ出血熱に対する国際緊急援助活動

西アフリカ・エボラ出血熱に対する国際緊急援助活動

西アフリカ・エボラ出血熱に対する国際緊急援助活動

西アフリカ・エボラ出血熱に対する国際緊急援助活動

 

ページの先頭へ戻る