通常兵器、大量破壊兵器、ミサイルおよび関連物資などの軍事管理・軍縮・不拡散体制

我が国は、国際社会の平和と安定を目指し、人道上の観点や防衛上の必要性を踏まえつつ、
  • ・核兵器のない世界を目指した現実的・漸進的な核軍縮・不拡散への取組
  • ・その他の大量破壊兵器やその運搬手段であるミサイルなどに関する軍縮・不拡散
  • ・特定の通常兵器(クラスター弾など)の規制問題に関する国際的な取組
に積極的な役割を果たしています。

通常兵器、大量破壊兵器、ミサイルおよび関連物資などの軍備管理・軍縮・不拡散体制

通常兵器、大量破壊兵器、ミサイルおよび関連物資などの軍備管理・軍縮・不拡散体制
区分 大量破壊兵器など 通常兵器
核兵器 化学兵器 生物兵器 運搬手段(ミサイル)
軍備管理・軍縮・不拡散
関連条約など
核兵器不拡散条約(NPT)

包括的核実験禁止条約(CTBT)
化学兵器禁止条約(CWC) 生物兵器禁止条約(BWC) 弾道ミサイルの拡散に立ち向かうためのハーグ行動規範(HCOC) 特定通常兵器使用禁止・制限条約(CCW)

対人地雷禁止条約(オタワ条約)

クラスター弾に
関する条約

小型武器の非合法取引規制

国連軍備登録制度
不拡散のための輸出
管理規制
原子力供給国
グループ(NSG)
オーストラリア・グループ(AG) ミサイル技術管理
レジーム(MTCR)
ワッセナー・
アレンジメント(WA)
大量破壊兵器の不拡散のための国際的な新たな取組 拡散に対する安全保障構想(PSI)
国連安保理決議第1540号
 

ページの先頭へ戻る