日豪防衛相会談(概要)

平成30年10月10日
防衛省

 平成30年10月10日(水)、岩屋防衛大臣は、日豪外務・防衛閣僚会議(「2+2」)に先立ち、シドニーにおいて、パイン豪国防大臣と日豪防衛相会談を行い、今後の日豪の防衛協力等について意見交換を行ったところ、概要以下のとおり。

1.冒頭

 両大臣は相互の就任に祝意を伝え、防衛相会談を実施できることを歓迎した。両大臣は、日豪両国間の「特別な戦略的パートナーシップ」に基づく日豪の防衛協力の更なる拡充・深化に向け、強い意欲を表明した。

 また、両大臣はインド太平洋地域を自由で開かれた地域とするために、普遍的価値を共有する日本、豪州及び米国が緊密に連携し、総合的な効果を追求する必要性を再確認した。

2.地域情勢

 両大臣は、北朝鮮に関して、完全な、検証可能な、かつ、不可逆的な方法での全ての大量破壊兵器及びあらゆる射程の弾道ミサイルの廃棄の実現に向け、国際社会が一致団結して、国連安保理決議の実効性確保に取り組んで行くことが重要である旨確認した。また、岩屋防衛大臣は、豪州による「瀬取り」対策のための哨戒機の派遣を歓迎した。

 一方的な現状変更の試み等が行われている現状を踏まえ、両大臣は、東シナ海及び南シナ海を巡る情勢について、強い懸念を共有した。このほか、東南アジア、南アジア及び大洋州を巡る情勢について議論した。

3.日豪の防衛政策

 岩屋防衛大臣から、防衛計画の大綱の検討状況を含む防衛政策の最近の動きについて説明した。これに対し、パイン国防大臣から、防衛分野での科学技術及び産業協力に係る豪州の最近の取組について説明があった。

4.日豪防衛協力

 両大臣は、日豪間の共同運用と訓練を円滑化すべく、行政的、政策的及び法的手続を改善する相互訪問に関する協定に関して、交渉の進展を歓迎するとともに、引き続き、交渉の早期妥結に向けて尽力していくことで一致した。

 両大臣は、日豪防衛協力を更に強化するために防衛当局が注力する新たなイニシアティブとして、相互運用能力を向上させ、協力を一層強化するための実践的な訓練の機会を追求することとし、その一環として、災害対処、対潜戦、掃海等の分野において共同訓練の機会を追求することで一致した。

 また、2019年の適切な時期に「武士道ガーディアン」を実施すべくスケジュールを再調整すること、及び豪州において航空自衛隊と豪空軍が参加する二国間/多国間訓練又は演習を実施する機会を追求することを確認した。

以上