日エストニア防衛相会談(概要)

平成30年9月21日
防衛省

 平成30年9月21日(金)、小野寺五典防衛大臣は、訪日中のエストニア共和国のユリ・ルイク国防大臣と防衛省にて会談したところ、概要は以下のとおり。

1.冒頭

 小野寺大臣から、ルイク大臣の日本訪問を歓迎するとともに、本年5月のエストニア訪問時の受入れに感謝し、前回のタリンでの会談を踏まえつつ、地域情勢やサイバー分野を始めとする防衛交流等について議論していきたい旨述べた。ルイク大臣からは、今回の訪問の受け入れに謝辞を述べつつ、両国を取り巻くロシアを含む地域情勢やサイバー分野における防衛交流について議論を行いたい旨述べた。

2.地域情勢

 北朝鮮問題に関して、小野寺大臣から、米朝首脳会談や南北首脳会談が実施されて以降も、核・ミサイルへの廃棄が具体的に進展しているわけではなく、依然として核・ミサイルの脅威に係る基本的に認識に変化はないことから、どのような行動をとるのかしっかりと見極めていく必要がある旨述べた。また、両大臣は、引き続き、国際社会が北朝鮮の完全な非核化を実現するため、国連安保理決議の完全履行を求めていくことが重要であるという点で一致した。

3.日エストニア防衛協力・交流

 両大臣は、サイバー分野での協力に関して、防衛省職員のNATOサイバー防衛協力センター(CCDCOE)への派遣を含め、今後の協力の方向性について議論し、引き続き、実務者協議等を実施しつつ、この分野での協力を深化させていくことで一致した。

(了)