日露防衛相会談(概要)

平成30年7月31日
防衛省

   

 2018年7月31日(火)、小野寺防衛大臣は、日露「2+2」に先立ち、モスクワにおいて、ショイグ・ロシア国防大臣と日露防衛相会談を実施したところ、概要以下のとおり。

1.冒頭

 ショイグ大臣から、防衛当局のトップとして12年ぶりの小野寺大臣の来訪を歓迎するとともに、防衛当局の交流を進め、両国間の関係深化に寄与していきたい旨述べた。
 これに対し、小野寺大臣から、今回の訪露は防衛大臣としては初、防衛当局のトップとしては12年ぶりであり、今回の訪露をきっかけに、日露両国の相互理解、信頼醸成が進むことを期待する旨発言した。

2.北朝鮮問題

 北朝鮮問題に関して、小野寺大臣から、北朝鮮の核・ミサイルは、引き続き我が国を含む国際社会に対して、重大な脅威である旨強調した。また、両大臣は、北朝鮮の非核化が両国の共通の目標である旨確認するとともに、国連安保理決議の完全な履行含め、日露で緊密に連携していくことで一致した。

3.両国の防衛政策

 両大臣は相互の防衛政策について意見交換を行い、小野寺大臣から、防衛政策の最近の動きについて説明するとともに、イージス・アショアを含む我が国のミサイル防衛システムの整備に関して、我が国が主体的に運用する、純粋に防御的なシステムであり、ロシアに脅威を与えるものではない旨改めて説明した。また、北方四島でのロシア軍の活動に関して、ロシア側に冷静な対応を求めた。

4.日露防衛交流・協力

 両大臣は、昨年のゲラシモフ参謀総長及びサリュコフ地上軍総司令官の訪日を歓迎するとともに、今後も両国の防衛交流を進めていくことで一致した。また、両大臣は、今後の防衛交流として、河野統幕長の本年中の訪露及び露太平洋艦隊の本年10月の函館寄港について調整していくことで一致した。

(以上)

ページTOPへ戻る