各国との防衛協力・交流

 我が国にとって、アジア太平洋地域の平和と安定を確保するためには、日米同盟を基軸としつつ、この地域における多国間及び二国間の対話・交流・協力の枠組みを多層的に強化していくことが重要です。
 中でも、二国間の枠組みについては、親善目的のみならず実務的な性格を有する交流や、対話のみならず行動をともなう交流の重要性が高まり、相手国によっては、防衛交流の内容が、単なる交流から防衛協力を行う段階へと発展・深化してきています。
 こうした状況を踏まえ、防衛省・自衛隊は、国際社会における多層的な安全保障協力を推進するため、各国・地域の特性を踏まえ、戦略的に防衛協力・交流を実施しています。

【参考資料】1.安全保障対話・防衛交流、2.交流・対話から協力・域内秩序の構築へ、3防衛協力・交流のイメージ

ページの先頭へ戻る