パシフィック・パートナーシップへの参加

 平成19年より行われているパシフィック・パートナーシップ(PP:Pacific Partnership)は、米海軍を主体とする艦艇が地域内の各国を訪問して、医療活動、文化交流などを行い、その際に各国政府、軍、国際機関、NGOとの協力を通じ、参加国の連携強化や災害救援活動の円滑化などを図る活動です。
 我が国は、平成19年から、海自の医官など数名を派遣して調査研究を実施してきました。

 

ページの先頭へ戻る