第17回IISSアジア安全保障会議(平成30年6月2日~3日)

IISSアジア安全保障会議(シャングリラ会合)

小野寺防衛大臣の第17回IISSアジア安全保障会議でのスピーチの概要

 小野寺大臣から、第2セッションのテーマである「De-escalating the North Korean Crisis(北朝鮮危機の安定化)」についてスピーチを実施した。スピーチでは、北朝鮮問題の解決への取組と、インド太平洋地域の長期的な安定と発展に向けた決意を表明した。
 最初に、北朝鮮による核・ミサイル開発が国際社会全体にとって大きな脅威であることを指摘した上で、国連安保理の制裁決議の履行を通じて国際社会が一致して北朝鮮に対する圧力を続けた結果、北朝鮮が言動に変化を見せ、「板門店宣言文」が発表される等の前向きな動きが出てきた旨述べた。また、6月12日の米朝首脳会談が実施されるのであれば、生物・化学兵器を含む北朝鮮の全ての大量破壊兵器及び全ての射程の弾道ミサイルの完全で、検証可能で、不可逆的な廃棄(CVID)に向けた実質的な進展がみられ、また、日本人の拉致問題を解決する機会となることを強く期待する旨述べた。他方で、これまで北朝鮮は、1994年の米朝「枠組合意」や2005年の六者会合の共同声明で非核化を約束しながら核・ミサイル開発を継続したことに鑑み、北朝鮮が対話に応じることのみをもって見返りを与えるべきでなく、防衛当局には、安保理決議に基づく制裁をくぐり抜ける「瀬取り」への対応等の圧力の維持及びあらゆる事態に備えた抑止力の維持・強化という2つの役割があることを指摘した。さらに、北朝鮮が具体的な措置を取る段階においても、廃棄プロセスの査察と廃棄後の検証、その間の大量破壊兵器の拡散の阻止に対して国際社会が取り組む必要があり、日本も協力を惜しまないことを表明した。
 また、北朝鮮の問題に総力を挙げて取り組むのは勿論であるが、インド太平洋地域の長期的な安定と発展のためには、自然災害、海洋安保、テロなど様々な安全保障上のリスクに地域一体で立ち向かう必要があることを強調した。そしてこの問題に長期的に取り組むためには、現在のインド太平洋地域における防衛当局間の協力関係が、国防の最前線の現場で汗を流す若い士官達にこそ引き継がれていくべきである旨述べ、防衛省・自衛隊として、地域諸国の「絆」を強化するために今後も尽力していく旨表明した。

 6月2日から6月3日にかけて、各国国防大臣等との会談等を行ったところ、概要以下のとおり。



日英防衛相会談

日英防衛相会談(概要)

 平成30年6月2日(土)、IISSアジア安全保障会議(シャングリラ会合)出席のためにシンガポールを訪問中の小野寺防衛大臣は、ウィリアムソン英国防大臣と会談したところ、概要は以下のとおり。

1.冒頭

 ウィリアムソン大臣から、昨年以来再びお会いできて光栄である、両国の防衛協力は多くの分野で着実に進んでいる旨発言があった。これに対して、小野寺大臣から、昨年の「2+2」の実施及びその際の英空母クイーンエリザベスへの乗艦に謝意を示すととともに、両国の防衛協力は着実に進展しつつある旨応答した。

2.日英防衛協力

 両大臣は、昨年12月の「2+2」での共同声明を踏まえ、英国軍艦の展開や、本年秋に日本で実施予定の陸軍種間の共同訓練含め、軍種間交流や共同訓練等の分野で日英防衛協力を引き続き進展させていくことで一致した。
 また、両大臣は、防衛装備・技術分野についても意見交換を行い、「将来戦闘機における協力の可能性に係る日英共同スタディ」はじめ、引き続き防衛装備・技術協力を進めていくことで一致した。

3.北朝鮮問題

 北朝鮮問題に関して、小野寺大臣から、今般、英国海軍と海上自衛隊との間で北朝鮮による「瀬取り」対策のための警戒監視活動において協力できたことは、国連安保理決議の実効性を確保する上で有意義であり、このような活動の結果、北朝鮮が政策を変更しつつある旨述べた。また、小野寺大臣から、6月12日予定されている米朝首脳会談が、核、ミサイル、拉致を実質的に進める機会にすることが大切である旨述べ、北朝鮮が具体的な行動を取るまでは、制裁は継続する必要がある旨述べた。これに対して、ウィリアムソン大臣から、日本の立場を英国としても支持する旨応答があった。

4.地域情勢

 そのほか、両大臣は、南シナ海等を含む地域情勢についても意見交換した。

(了)


英国のウィリアムソン国防大臣との会談

ページの先頭へ戻る

日比防衛相会談

日比防衛相会談(概要)

 平成30年6月2日、第17回IISSアジア安全保障会議(シャングリラ会合)出席のためシンガポール訪問中の小野寺防衛大臣は、フィリピンのデルフィン・ロレンザーナ国防大臣と日比防衛相会談を行ったところ、概要以下のとおり。

1.冒頭

 冒頭、小野寺大臣から、フィリピンが昨年ASEAN議長国として果たした役割に敬意を表すとともに、日本としてフィリピンとの防衛関係を幅広い分野で強化していきたい旨述べた。
 また、小野寺大臣から、先般、TC-90の残り3機を移転したとともに、今般フィリピンからの申出を踏まえ、陸上自衛隊で不用となった多用途ヘリコプターUH-1Hの部品等を無償譲渡することを決定した旨述べた。これに対して、ロレンザーナ大臣から日本の協力への謝意が表明された。

2.北朝鮮

 小野寺大臣から、米朝首脳会談を核、ミサイル、拉致が実質的に前進する機会とすることが重要である旨述べ、国際社会の圧力により、北朝鮮は政策を変えつつあるが、北朝鮮が具体的な行動を取るまで制裁の手を緩めてはいけない旨述べた。これに対して、ロレンザーナ大臣から北朝鮮が核を放棄することを望む旨応答があった。

3.二国間協力

 両大臣は、共同訓練や装備技術協力等、幅広い分野で両国の防衛協力を推進することで一致した。

4.地域情勢

 ロレンザーナ大臣から、南シナ海に関して、日本がフィリピンの立場を支持していることに感謝する旨言及があった。

(以上)


フィリピンのミゲル・デルフォン・ロレンザーナ国防大臣との会談

ページの先頭へ戻る

日独防衛相会談

日独防衛相会談(概要)

 平成30年6月2日、小野寺五典防衛大臣はシャグリラ会合に参加中のドイツのフォン・デア・ライエン国防大臣とシンガポールで会談を行い、日独防衛協力・交流及び地域情勢について意見交換を行ったところ、概要は以下のとおり。

1.冒頭

 冒頭、小野寺大臣から、米朝首脳会談を、核・ミサイル、拉致問題が実質的に前進する機会とすることが大切である、また、北朝鮮は政策を変えつつあるが、北朝鮮が具体的な行動を取るまで制裁の手を緩めるべきではない旨述べ、ドイツとも協力していきたい旨述べた。
 これに対して、ライエン大臣から、北朝鮮の無責任な行動を強く非難するとともに、日本の立場を完全に理解する、来る米朝首脳会談では、すべての射程のミサイルの廃棄含め、全ての問題が交渉のテーブルに乗るべきであり、そのため多くの国の声が声を上げていく必要がある旨述べた。

2.日独防衛協力・交流

 両大臣は、様々な分野で二国間防衛協力が進展していることを高く評価し、今後もNATOを通じた協力を含め、特にサイバー分野において、協力関係を強化していくことで一致した。

3.地域情勢

 両大臣は、南シナ海等を含む地域情勢についても意見交換を行った。

(了)


ドイツのフォン・デア・ライエン国防大臣との会談

ページの先頭へ戻る

日米豪防衛相会談

日米豪防衛相会談共同声明(仮訳)

 2018年6月2日、シンガポールにおいて、第17回アジア安全保障会議(2018年シャングリラ会合)の機会に、マリース・ペイン豪州国防大臣、小野寺五典日本国防衛大臣、ジェームズ・マティス米国国防長官は、三カ国防衛相会談を開催し、インド太平洋地域、北朝鮮及び三カ国間の防衛協力に関する意見交換を行った。これは、日米豪防衛当局の責任者による第7回目の会談である。

 三大臣は、インド太平洋地域の重要性について、及び自由で、繁栄し、非排他的で、開かれた国際秩序を守る上で、豪州、日本及び米国が果たす主要な役割について確認した。三大臣は、主権の尊重、自由で公平な貿易及び投資の推進並びに国際法規範の遵守という原則を共有していることを表明した。三大臣は、ASEAN及びその地域構造における中心的な役割に対する強い支持を再確認した。

 三大臣は、南シナ海の現状について、引き続き懸念を有している。三大臣は、国際法への共通の尊重と、航行及び上空飛行の自由その他の南シナ海を含む海洋の合法的な使用の擁護への共通のコミットメントを強調した。三大臣は、国連海洋法条約を含む国際法に基づき紛争を平和的に解決する重要性を強調するとともに、南シナ海における軍事力若しくは力による、又は一方的な行動による現状変更及び係争のある地形の軍事目的の利用について強い反対を表明した。三大臣は、ASEANと中国との間で実効的かつ意味のある行動規範が締結されることの重要性を再度強調した。

 三大臣は、完全で、検証可能な、かつ不可逆的な方法による北朝鮮の、核、生物・化学兵器及び弾道ミサイルプログラムの廃棄を達成するために行われている外交努力を引き続き支援することで一致した。三大臣は、関連する全ての国際連合安全保障理事会決議を引き続き実施していくことで一致した。三大臣は、違法な「瀬取り」といった不法な活動を抑止し、中断させ、根本的に排除するための継続した国際的な協力を歓迎した。

 三大臣は、防衛協力の機会を最大化すべく、地域における三ヵ国の協力を更に進展させる重要性を認識し、インド太平洋地域における三ヵ国協力の長期的なヴィジョンを示す戦略アクション・アジェンダを作成することを確認した。

 三大臣は、三カ国間の緊密な防衛協力関係を確認し、海洋分野の能力構築支援、テロ対策、人道支援・災害救助、平和維持支援といった地域の取組について、二国間及び三カ国間の協力・調整の相乗効果を高めることで一致した。

(以上)

ページの先頭へ戻る

日越防衛相会談

日越防衛相会談(概要)

 平成30年6月2日、第17回IISSアジア安全保障会議(シャングリラ会合)出席のためシンガポール訪問中の小野寺防衛大臣は、ベトナムのゴー・スアン・リック国防大臣と日越防衛相会談を行ったところ、概要以下のとおり。

1.冒頭

 冒頭、小野寺大臣から、4月のリック大臣の訪日以来の再会を嬉しく思う旨述べるとともに、先日のクアン国家主席訪日の成功含め、両国の協力関係は安全保障分野に止まらず進展している旨述べた。これに対して、リック大臣から、ハイレベル交流含め両国の協力は進展しており、4月に署名した「防衛関係に関する共同ビジョン」に基づき、両国の防衛協力・交流を一層進展させたい旨応答があった。

2.日越防衛協力・交流

 両大臣は、日ベトナム防衛協力が軍種間交流を中心として進展していることを高く評価するとともに、PKOや能力構築支援等、具体的な分野で防衛交流・協力を進めていくことで一致した。

3.地域情勢

 南シナ海情勢に関して、小野寺大臣から、力による現状の変更は認められない旨述べたのに対し、リック大臣から、小野寺大臣の認識を共有する旨応答があった。

(以上)


ベトナムのゴー・スアン・リック国防大臣との会談

ページの先頭へ戻る

米国議員団との意見交換


米国サリバン上院議員らとの意見交換

ページの先頭へ戻る

日米韓防衛相会談

日米韓防衛相会談共同声明(仮訳)

 日本国小野寺五典防衛大臣、アメリカ合衆国ジェームズ・マティス国防長官及び大韓民国宋永武(ソン・ヨンム)国防部長官は、6月3日にシンガポールにおいて、第17回アジア安全保障会議(2018年シャングリラ会合)の機会に、第10回日米韓防衛相会談を開催した。本会談において、3か国の閣僚は、北朝鮮、地域の安全保障情勢及び3か国の安全保障協力について議論を行った。

 3か国の閣僚は、「朝鮮半島の平和と繁栄、統一に向けた板門店宣言」を含む、2度の最近の南北首脳会談の成果を歓迎するとともに、それによってもたらされた前向きな変化が米朝首脳会談に向けて、好ましい状況を作り出していることに言及した。3か国の閣僚は、来るべき米朝首脳会談が、朝鮮半島と地域の平和と安定のため、安全保障上及び人道上の懸念の包括的な解決に寄与することへの期待を表明し、そのために3か国間の安全保障協力を強化することを誓った。

 3か国の閣僚は、北朝鮮による核及び弾道ミサイルの実験を中止するという最近の宣言並びに豊渓里核実験場を閉鎖するためにとられたステップを歓迎した。

 3か国の閣僚は、完全な、検証可能な、かつ不可逆的な方法による朝鮮半島における非核化のために行われている外交努力を引き続き支援することで一致した。3か国の閣僚は、関連する全ての国際連合安全保障理事会決議の履行を継続することで一致した。また、3か国の閣僚は、違法な「瀬取り」といった不法な活動を抑止し、中断させ、そして根本的には排除するための継続した国際的な協力を歓迎した。3か国の閣僚は、北朝鮮が国際的な義務を果たしたならば、北朝鮮の人々の安全と繁栄を劇的に改善するであろうと言及した。

 3か国の閣僚は、3か国が主導する多国間での安全保障協力が地域の平和と安定を維持する上で重要な役割を果たしていることに言及した。また、3か国の閣僚は、3か国間、あるいは多国間の枠組みを活用して、情報共有、ハイレベルの政策協議、共同訓練及びその他の交流を含む、既存の安全保障協力を継続することにコミットした。

 3か国の閣僚は、海洋安全保障の重要性及び法の支配に基づく秩序の維持といった、地域安全保障問題についても議論した。3か国の閣僚は、航行及び上空飛行の自由が確保されなければならず、全ての紛争は、普遍的に認識されている国際法の原則に従って、平和的手段により解決されるべきであることを再確認した。加えて、3か国の閣僚は、地域の国家間における軍事レベルでの信頼醸成の重要性に対する認識を共有するとともに、そのような取組を制度化するため、協力を強化していくことにコミットした。

 米国は、日本及び韓国に対する揺るぎない安全保障上のコミットメントを再確認するとともに、3か国の閣僚は、地域及び世界の平和と安定のため、緊密な協力を続けていくことを誓った。


マティス米国防長官、宋永武(ソン・ヨンム)韓国国防部長官との三国間会談

ページの先頭へ戻る

日韓防衛相会談

日韓防衛相会談(概要)

 平成30年6月3日、第17回IISSアジア安全保障会議(シャングリラ会合)出席のためシンガポールを訪問中の小野寺防衛大臣は、宋永武(ソン・ヨンム)韓国国防部長官と会談を行ったところ、概要以下のとおり。

1.北朝鮮情勢

 両大臣は、北朝鮮情勢について意見交換を行い、小野寺大臣からは、4月27日の南北首脳会談を機に、北朝鮮を巡る諸懸案の包括的な解決に向けた前向きな動きが見られることを歓迎するとともに、今後、北朝鮮による全ての大量破壊兵器及びあらゆる射程の弾道ミサイルの完全な、検証可能な、かつ不可逆的な廃棄の実現に向け、北朝鮮から具体的な行動を引き出すことが重要であり、日韓、日韓米で緊密に連携していきたい旨述べた。宋長官からは、朝鮮半島の平和定着のため、今は非常に重要な時期であり、北朝鮮の完全な非核化の実現に向けて協力していきたい旨の発言があった。両大臣は、北朝鮮から更なる具体的な行動を引き出すべく、国連安保理決議に従って、日韓米を始めとした国際社会と連携していくことを確認した。

2.日韓防衛協力・交流

 両大臣は、日韓防衛協力・交流について意見交換を行い、両国の防衛協力・交流が着実に行われていることを歓迎するとともに、今後、ハイレベル交流、実務レベル交流は勿論、両国の防衛協力・交流の基盤となる初・中級幹部交流等の人的交流や教育・研究交流に至るまで、幅広い分野での協力を進め、両国防衛協力・交流の基盤を確立していくことで一致した。また、本年10月に実施予定の韓国軍創設70周年記念国際観艦式に、日本から艦艇を派遣すべく、調整していくことを確認した。

(以上)


韓国の宋永武(ソン・ヨンム)国防部長官との会談

ページの先頭へ戻る

小野寺防衛大臣シンガポール共和国副首相を表敬

小野寺防衛大臣のテオ・チーヒン星副首相表敬(概要)

 平成30年6月3日、第17回IISSアジア安全保障会議(シャングリラ会合)出席のためシンガポールを訪問中の小野寺防衛大臣は、シンガポールのテオ・チーヒン副首相を表敬したところ、概要以下のとおり。

1.冒頭

 冒頭、テオ副首相から、昨日の小野寺大臣のスピーチへの謝意が示されるとともに、北朝鮮情勢に関して、非常に時宜を得たものであった旨発言があった。これに対して、小野寺大臣から、今年のシャングリラ会合のアレンジに感謝するとともに、今月12日に予定されている米朝首脳会談でホストとして果たしている役割に敬意を表する旨述べた。

2.北朝鮮

 小野寺大臣から、6月12日にシンガポールで予定されている米朝首脳会談に関して、世界中がこれに注目しており、この会談が、核及びミサイル等の問題の前進に繋がることを期待する旨述べた。また、北朝鮮による完全な、検証可能な、かつ不可逆的な方法での、全ての大量破壊兵器及びあらゆる弾道ミサイルの廃棄を実現するため、具体的な行動を引き出すことが必要不可欠であるとともに、北朝鮮に関して、過去の過ちを繰り返すべきではなく、その旨、スピーチにおいても強調した旨述べた。
 これに対して、テオ副首相から、今回の米朝首脳会談がスムーズに進むよう調整を進めているところである旨応答があった。

3.二国間及び多国間防衛協力・交流

 両者は、シンガポールがASEAN議長国を務める本年、ADMMプラス等の多国間の枠組みを活用しつつ、協力していくことで一致した。

(以上)


シンガポール副首相表敬

ページの先頭へ戻る

日仏防衛相会談

日仏防衛相会談(概要)

 平成30年6月3日、第17回IISSアジア安全保障会議(シャングリラ会合)出席のためシンガポールを訪問中の小野寺防衛大臣は、フランスのフロランス・パルリ軍事大臣と日仏防衛相会談を行ったところ、概要以下のとおり。

1.冒頭

 冒頭、小野寺大臣から、ニューカレドニア等太平洋地域に領土を持つフランスと、日仏友好160周年の本年、両国の防衛協力を更に発展させ、北朝鮮問題を含め、引き続き地域及び世界の平和と安定のために取り組んでいきたい旨述べた。これに対して、パルリ軍事大臣から、フランスは太平洋国家として、安全保障分野においてこの地域への関与を継続していく旨述べた。

2.地域情勢

 両大臣は、朝鮮半島、南シナ海を含む地域情勢についても意見交換を行った。北朝鮮情勢に関して、小野寺大臣から、北朝鮮による全ての大量破壊兵器及びあらゆる弾道ミサイルの完全な、検証可能な、かつ、不可逆的な方法での廃棄の実現に向け、同国から具体的な行動を引き出すことが必要である旨述べた。パルリ軍事大臣からは、南シナ海情勢について、フランスは今後ともヨーロッパ諸国の一員としてこの地域の平和と安定のために取組みたい旨発言があり、両大臣は、今後も一方的な力による現状変更を許さず、引き続き連携していくことで一致した。

3.日仏防衛協力・交流

 両大臣は、本年1月に実施された日仏「2+2」の合意に従い、今後も様々な機会を捉えて共同訓練等の防衛交流・協力を実施していくことで一致した。さらに、両大臣は、海上自衛隊P-1哨戒機が、ランビウエ海軍基地に寄航し、部隊間交流を行ったことを歓迎した。両大臣は、初の共同研究となる次世代機雷探知技術に関する協力の早期開始を確認するとともに、更なる防衛装備・技術協力について議論していくことを含め、引き続き、防衛装備・技術協力を含む様々な面で協力を深化させていくことで一致した。

(以上)


フランスのパルリ軍事大臣との会談

ページの先頭へ戻る


PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Reader(無料)が必要です。Adobe Reader は、Adobeのサイト(別ウィンドウ)からダウンロードしてください。

別ウィンドウで Adobe Reader のダウンロードページへ


ページの先頭へ戻る