第10回日ASEAN防衛当局次官級会合(アジア太平洋地域における共通の安全保障課題に関する防衛当局高級事務レベル会合)


 9月9日(日)及び10日(月)、名古屋において、防衛省の主催により「第10回日ASEAN防衛当局次官級会合」が開催された。

 我が国からは、真部朗防衛審議官が参加して議長を務め、ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム及びASEAN事務局の次官級等が参加した。

 10日(月)に開催された本会合では、(1)「『法の支配』を中心とする普遍的価値の共有に向けた課題と取組」、(2)「災害対処の課題と対策」及び(3)「日ASEAN防衛協力の展望」の3つのテーマについて、出席者の間で意見交換を行った。

 本会合の概要は、以下のとおり。

  • 第10回を迎えた日ASEAN防衛当局次官級会合のこれまでの成果を確認するとともに、今後も当会合を活用して日ASEAN防衛協力を更に発展させていく重要性について一致。
  • インド太平洋地域の安全保障環境に関する率直な意見交換を実施し、複雑化・多様化する脅威に対処する中で、「法の支配」を中心とする普遍的価値の共有を進めるとともに、多発する災害に対する対処能力を向上させることが重要であり、そのためには日ASEANの防衛当局間が緊密に連携して対応することが重要との認識で一致。
  • ASEAN側から、これまでの我が国によるASEANとの防衛協力に関する高い評価が示されるとともに、今後の日ASEAN防衛協力の更なる推進に対する期待感が表明された。これに対して日本側から、「ビエンチャン・ビジョン」に基づき、能力構築支援や防衛装備・技術協力も含めた様々な形で、具体的な防衛協力を積極的に推進していきたい旨表明した。



 日ASEAN防衛当局次官級会合では、プログラムの1つとして、ASEAN域内国の国防大臣(1名)を招へいすることとしているところ、今般の会合では、マレーシアのモハマド・ビン・サブ国防大臣を招へいした。

 9月10日(月)、モハマド・ビン・サブ国防大臣は「マハティール新政権の防衛協力」をテーマに特別講演を行い、地域情勢のほか、地域の安全保障問題を解決するためにADMMプラス等のASEANを中心とする地域安全保障協力を強化するとともに、日ASEAN防衛協力を更に深化させることの重要性を訴えた。


 同じく9月10日、大野敬太郎防衛大臣政務官は、歓迎挨拶の中で、参加者の訪日を歓迎し、日ASEAN防衛当局次官級会合10周年に係る謝意を述べるとともに、ASEAN加盟国及びASEAN事務局によるASEANの一体性・中心性強化に対する尽力に心からの敬意を表明した。また、我が国が、インド太平洋戦略の下、地域と世界の平和及び繁栄のために努力を継続するとともに、今後も「ビエンチャン・ビジョン」の下、ASEANとの防衛協力を積極的に進めていく旨述べた。


ページTOPへ戻る