拡大ASEAN国防相会議(ADMMプラス)の下での取組み

 ASEAN諸国においては、平成18年5月からASEAN域内における防衛当局間の閣僚会合であるASEAN国防相会議(ADMM:ASEAN Defence Minister's Meeting)が開催されています。
 これに加え、平成22年5月の第4回ADMMにおいて、我が国を含めたASEAN域外国8か国(米国、豪州、韓国、インド、NZ、中国及びロシア)を新たなメンバー(プラス国)とする拡大ASEAN国防相会議(ADMMプラス)の創設が決定され、同年10月12日、ASEANの議長国でもあるベトナムを議長国とし、第1回ADMMプラスが、ハノイで開催されました。
 これまで、ASEAN域外国も含めた形でのアジア太平洋地域の国防相が出席する政府主催の会議はなかったことから、ADMMプラスの創設は、地域の安全保障・防衛協力の発展・深化の促進という観点から、極めて意義の大きいことです。
 また、ADMMプラスは、地域における共通の安全保障上のさまざまな課題を幅広く取り上げる枠組みであり、防衛省・自衛隊としても、ADMMプラスを地域における防衛協力の大きな柱として発展させるべく、ADMMプラスにおける取組を積極的に支援していくこととしています。

 

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Reader(無料)が必要です。Adobe Reader は、Adobeのサイト(別ウィンドウ)からダウンロードしてください。

別ウィンドウで Adobe Reader のダウンロードページへ


ページの先頭へ戻る