平成28年度 モンゴルに対する能力構築支援事業
(施設)モンゴル

派遣事業

事業紹介

実施期間 平成28年8月1日(月)~9月9日(金)
実施場所 モンゴル軍PKOセンター(中央県タバン・トルゴイ)
派遣要員 • 国際政策課能力構築支援室員1名
• 陸上自衛官19名
支援対象 • モンゴル軍第014部隊20名
• モンゴル国防大学教官1名
• 他部隊1名

 平成26年度から長期事業としてスタートしたモンゴル軍への道路構築教育は、今年最終年度を迎え、成功裡に事業を終了いたしました。
 26年度に初めて測量教育を受け、測量機器の使い方を覚えたモンゴル軍も、今年度は実習道路の測量をほぼ自らの手で行うほどに成長しました。
 また、昨年度は凍上抑制層から下層路盤、上層路盤までの構築に悪戦苦闘する姿も見られましたが、今年は昨年度の半分の作業時間で上層路盤の再構築を終えました。
 最終教育となったアスファルト舗装実習では、施工監督/測量班/アスファルト・フィニッシャー班/手作業班の4班に分かれ、それぞれの役割分担と連携を見事に修得し、自衛官の指導の下、実習用道路を完成させました。9月初めのモンゴルは、時に日本の12月上旬並みの寒さになる日もありますが、小雨の降る10度以下の気温の中で、舗装の際の温度管理と作業速度に注意を払いながら、真剣に実習に取り組む姿勢が見られました。
 一連の事業を締めくくるため、小林政務官とモンゴル国防省バトサイハン事務次官臨席の下に修了式が執り行われ、日本とモンゴルの両チームが一丸となって何かを作り上げようとする姿勢が印象的とのコメントが双方の立場から寄せられました。
 2度の日本への招へいを挟む計5回の事業を終え、3カ年度の防衛協力がしっかりと実を結んだ事業となりました。過去の事業についは、以下のリンクからご覧頂けます。

◇ 平成26年度 派遣事業 / 招へい事業
◇ 平成27年度 派遣事業 / 招へい事業

事業の様子

開講式
開講式

基礎教育の様子
基礎教育の様子

昨年までの総復習として土積図等を作成し研修生で発表と討議を実施
昨年までの総復習として土積図等を作成し研修生で発表と討議を実施

26年度から教え始めた測量は3年目の総復習
26年度から教え始めた測量は3年目の総復習

上層路盤構築/作業の大半をモンゴル軍のみで実施
上層路盤構築/作業の大半をモンゴル軍のみで実施

昨年の半分の時間で上層路盤を構築
昨年の半分の時間で上層路盤を構築

実習を視察するモンゴル軍陸軍司令官
上層路盤構築/作業の大半をモンゴル軍のみで実施

アスファルトの温度管理を真剣に見守るモンゴル軍
アスファルトの温度管理を真剣に見守るモンゴル軍

砂を使用した練習
砂を使用した練習

砂を使用した練習
砂を使用した練習

アスファルト舗装実習初日
アスファルト舗装実習初日

アスファルト舗装実習初日
アスファルト舗装実習初日

低い気温の中での舗装/転圧作業を誘導する自衛官
低い気温の中での舗装/転圧作業を誘導する自衛官

転圧作業を見守る自衛官
転圧作業を見守る自衛官

作業の進捗を自衛官と確認するモンゴル側施工監督
作業の進捗を自衛官と確認するモンゴル側施工監督

作業の合間に談笑し合う自衛官とモンゴル側研修生
作業の合間に談笑し合う自衛官とモンゴル側研修生

舗装実習最終日はモンゴル軍のみで舗装
舗装実習最終日はモンゴル軍のみで舗装

モンゴル研修生22名及び自衛隊教育チーム19名
モンゴル研修生22名及び自衛隊教育チーム19名

3カ年度分の成果報告会を実施
3カ年度分の成果報告会を実施

修了式で挨拶をする小林政務官
修了式で挨拶をする小林政務官

教育チームに対し、モンゴル国防大臣名の防衛交流記念勲章が授与された
教育チームに対し、モンゴル国防大臣名の防衛交流記念勲章が授与された

修了式後の集合写真
修了式後の集合写真

ページの先頭へ戻る