平成28年度 カザフスタンに対する能力構築支援事業
(衛生)カザフスタン

招へい事業

事業紹介

実施期間 平成28年10月13日(木)~10月16日(日)
実施場所 • 防衛省本省及び統合幕僚学校国際平和協力センター(市ヶ谷)
• 自衛隊中央病院及び陸上自衛隊衛生学校(三宿)
• 陸上自衛隊関東補給処(霞ヶ浦)
• 防衛医科大学校(所沢)
支援対象 カザフスタン国防省要員5名

 カザフスタンに対する能力構築支援事業として、カザフスタン国防省要員の5名を日本へ招へいしました。これらの者に対しては、主に医療分野における取組等についての説明、自衛隊が使用している機材・施設の視察、戦傷外科に関する実習の見学等を実施しました。
 今回の事業は、防衛省・自衛隊における医療分野での取組や医療設備等に関する研修を行うことにより、カザフスタン軍の医療分野における能力向上を目的としたものです。
 なお、カザフスタンに対する能力構築支援は初めての実施となります。

事業の様子

施設に関する概要説明(自衛隊中央病院)
施設に関する概要説明(自衛隊中央病院)

シュミレーション・ラボの訓練を見学(衛生学校)
シュミレーション・ラボの訓練を見学(衛生学校)

移動式医療システムの研修(関東補給処)
移動式医療システムの研修(関東補給処)

教授から説明を受けている様子(防衛医科大学校)
教授から説明を受けている様子(防衛医科大学校)

 

ページの先頭へ戻る